ボトムパッドとは?

bp01
ボトムパッドBASIC-1」は、すべてのトライフィンボードにフィット¥3780(税込)
サーフィンはスピードが大切。そのスピードを生み出す手助けになるのが、今回ご紹介する「ボトムパッド」です。ボトムパッド(右画像)は簡単に説明すると、透明楕円形のシート状シールです。大きさは縦が約40cm、横幅は27cm、サーフボードのフィン周辺に貼って使います。

厚さはたったの0.18mm。ボトムに貼ることにより最大限、水の流れを良くする表滑性と強度の両立を実現したアイテムです。


ボトムパッドを実際貼ってみる

bp02
汚れをきれいに落としてから作業に入ります
汚れやホコリなどが付着していないか良く確認し、サーフボードを完全にクリーニングした状態で、ボトムパッドを貼っていきます。
bp03
ストリンガーに合わせて真っすぐに貼るようにしてください
まずボトムパッドを台紙から剥がさず、そのまま貼る位置に置きます。貼る位置をこの時にしっかりと確認して決めます。
bp04
まずは左側をマスキングテープで固定
貼る位置が決まったら、両端をマスキングテープで位置がずれないように止めていきましょう。
bp05
端から丁寧にシールを剥がしていきます
右側をめくり台紙を剥がし、丁寧にボトムに貼っていきます。ポイントは空気が入らないように、丁寧に貼っていきましょう。
bp06
ボトムパッドは空気が入りにくいのも特徴
丁寧にボトムに貼っていきます。ポイントは空気が入らないよう、センターから外に、ゆっくり焦らず。
bp07
貼るのは意外なほど簡単
右側が貼ることができたら、続いて左側も同じ要領で貼っていきましょう。
bp08
これで完成です!
上手に貼れましたか? 最後の仕上げとして、布などを使って強く擦って貼りつけていきましょう。わかっているとは思いますが、サーフボードが凹むほど強く擦らないように。
bp09
ちょっと時間がかかりますが、スピードのためなら何のその!
右画像のように貼ることができました。完全にボトムパッドの糊がサーフボードに付くのに、18℃以上の部屋で3日以上かかります(ちょっと時間がかかるのです)。週末サーフィンに行くのであれば、水曜日くらいに貼るといいですね。