海から上がったら、水やお湯を浴びてウエットスーツを脱ぎ、砂などを洗い落としてハンガーで干す。これがウエットスーツのメンテナンスで一般的な方法と思います(もちろん高価なウエットスーツ、もっと丁寧にケアしている人もいるかと)。今回はいつものメンテナンスに加えて、ウエットスーツ用シャンプーでより丁寧にケアする方法をご紹介します。

なおここは予備知識。冬用ウエットスーツによく使われるラバー(ゴム素材)生地は、ワックスや汚れが付きにくくなっています。一方、ジャージと呼ばれる生地(夏場ウエットスーツなどによく用いられる)はナイロン生地が使用され、ラバーに比べるとワックスが付着しやすい傾向にあります。

ウエットスーツ用シャンプーで実際洗ってみる

shamp1
大きめのバケツと太めのハンガーがあると便利。準備できるのであればご用意を
実際ウエットスーツを洗ってみましょう。用意するのは、汚れたウエットスーツ、ウエットスーツがすっぽり収まる大きめのバケツ、水、そしてウエットスーツ用シャンプー(TOOLS ウェットシャンプーがオススメ)です。今回はパックで販売している使い切りタイプ(写真中央下の白いパック)で試してみます。

shamp2
熱いお湯を使用するのは×。通常の水を使用してください
バケツに水を溜めます。使用方法に8リットルと記載されているので、その通り8リットルをバケツに溜めます。

shamp3
ココナッツのいい香り……。本当に汚れは落ちるのか
バケツに水が溜まったら、シャンプーをバケツの中へ15ml、袋の中身をすべて入れます。

shamp5
優しく汚れを落としていきます。揉み洗いがおすすめ
ウエットスーツを水につけて、洗っていきます。あまり強い力でゴシゴシと洗わずに、やさしく揉み洗いしてください。

shamp6
バケツの水を入れ替えて、ジャブジャブとよく濯いでください
十分洗うことができたら、一度バケツの水を入れ替えてよく濯ぎます。泡がなくなるまで濯ぎましょう。

shamp7
太めのハンガーにかけて乾かす
これでシャンプー完了! ウエットスーツはきれいになりましたか? 最後にハンガーにかけて、風通しのいい場所で表・裏を乾かしましょう。

tools_shampoo1
TOOLSウェットスーツシャンプーはボトルタイプもあります。たくさんお手入れしたい方はこちらがお得! 内容量:250ml¥1,260(税込)
汚れが確認しづらいウエットスーツ、洗ってみると意外と汚れているもの。嫌な臭いもとれるので、ちょっと臭う……ようであれば試してみてください。ちなみに、洗い終わって乾燥させたウエットスーツは、ワックス汚れや嫌な臭いもとれ、とてもいい香り! これで来年も安心して着ることができます。

次回は、ウエットスーツ用柔軟剤を試してみます。お楽しみに!



<関連リンク>
MURASAKI SPORTS

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。