サーフボードに立った時、足が滑らないように塗るワックス。重ね塗りしながら使っていると思いますが、しばらく使っていると、つぶつぶが無くなりだんだんグリップ力が失われてきます。夏などは特にワックスが柔らかくなり、こまめにワックスを剥がし塗り替えることが大切になります。そこで今回は、サーフボードのメンテナンス、「ワックス剥がし編」を学んでいきましょう!

ワックス剥がしに用意するもの

woff1
ワックスコーム、ワックスリムーバー液、ペーパータオル、ティッシュ。ワックスを簡単に剥がすことが出来る道具一式です
ワックスを剥がすワックスコーム。ワックスリムーバー液。ペーパータオルやティッシュ。これでワックスをはがすものは十分です。


汚れたワックスを剥がす!

woff2
見るからに汚い!キレイにしてあげましょう!
woff3
ワックスコームの角を立てないように!
右写真のように汚れているのは問題外。ワックスを剥がしキレイにしましょう。

汚くなったワックスを剥がすにはワックスコームを使います。これは簡単にいうと、プラスチックで出来たヘラみたいなもの。ワックスコームでワックスをそぐように剥がしていきます。デッキはボードに立つ部分なので、凸凹になっています。剥がしにくい部分もありますが、なるべくキレイに剥がすようにしましょう。

この時に注意しなければいけないのが、ワックスコームでボードに傷を付けないようにすること。角を立ててワックスを剥がそうとすると、メリメリとヒビが入ったりしますので、程よく気をつけて剥がすように。床に置いて剥がす時には、ボードが凹んだり、傷ついたりしないように布やボードケースなどを敷くとGOOD!


ワックスリムーバー液でキレイに拭き取る!

woff4
残ったワックスを丁寧に拭き取ります
ワックスコームを使ってワックスをほとんど剥がすことが出来たら、次にワックスリムーバー液を使って、残りのワックスをキレイに拭き取っていきます。この液体はワックスを溶かし拭き取ることが出来るとても便利な液体。

まず、ペーパータオルやティッシュなどにこのリムーバーを染み込ませて、残りのワックスの部分を擦っていきます。簡単に除去できるので、ボードに付着している古いワックスをどんどん落としていきましょう。ついでに、デッキのワックスだけではなく、ボトムにも意外とワックスや汚れが付いていたりするので、そこも念入りに。大切なボードですから。


キレイに仕上げる!

woff5
見るからにピカピカ!
ワックスリムーバー液でワックスを完全にキレイにすることが出来たら、最後に乾拭きをします。リムバー液のぬるぬるをキレイに除去。新しいペーパータオルやティッシュで、ピカピカに拭き上げていきます。これで、サーフボードのワックスが完璧にキレイに!


今回のワックスの剥がし方、いかがでしたか?ワックスを剥がしボードをキレイにすることは、基本中の基本。汚れてないようで意外とサーフボードは汚れているものです。また、キレイに拭いてる時にサーフボードが壊れてないか?ということも確認できます。季節の変わり目はもちろんですが、ワックスが汚れて来たり、グリップ力が低下してきたら剥がし時!新しいワックスを塗ってサーフィンに出かけましょう!



<関連リンク>
BOARDER

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。