プロど根性が生み出した至極の技

ちなみに、簡単そうに見えるこの受け身ですが、実はかなり高度です。
やはり反射的に手が出てしまうので、度胸と覚悟が必要だし、技術的にも手が使えず、顔で受け身を取らなければいけない。

特に紙一重で鼻をズラすのは、我ながら職人の域です。
というか、鼻が低い私だからこそ成り立った受け身なのかも知れません。
鼻の高いKAORU選手や、鼻の長い尾崎選手には向いていないでしょう。

そして当然ですが、この受け身のダメージは前受け身の時より大きいです。
そこは自分の体とのせめぎ合いなのですが、それでもリングに立つと、多少ダメージを多く受けても観客を沸かせたい、リアルに痛みを伝えたい、みたいな気持ちになってしまいます。

だからこそ、この受け身では失敗は絶対許されません。
だって受け身で笑いを取り、顔を上げて鼻血が出ていたら、お客さんはドン引きでしょう。それでも、私は顔がリングにぶつかる直前、鼻をカバーするために少しずらしてほお骨で受け身を取っていましたが、いつも右だったので、先日歯医者に行った時、“右のほお骨の骨格がずれている”と言われました。

このように、結構なリスクを背負う顔面受け身ですが、これは「受け身だってエンターテイメント、立派な見せ場なのだ」と考えていた、広田さくらのプロど根性が生み出した至極の技なのです。

もし今後、この顔面受け身を継承しようという奇特なレスラーの方がいらっしゃいましたら、毎回交互に顔の向きを変えて倒れることをお勧めします。

いやあ、くだらない事を熱く語ってしまいました。
でも、なんだか深いような気もします。
また一つ、秘密が紐解かれましたね。
それでは、また次回。


<関連リンク>
広田さくらの特別コラム
広田さくらのコスプレ日記
広田さくら公式サイト
※最新情報の他、プロレスラー時代を振り返るヒストリー、コスプレ千変万化、広田さくらに関する用語を集めたSakupedia、占いまで充実のコンテンツ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。