人気選手の光と影/焦りと不安に取り憑かれる私生活

我龍
二月の大渡戦前、お得意の“メンチ合戦”パフォーマンスを披露して衆目を集めていた我龍。ラウンド終了の1分前になると、フットワークを使わず相手とひたすらド突きあう“我龍タイム”でも人気があった。
また格闘技選手の大麻汚染が明るみに出た。先月5月23日、東京都渋谷区の路上でキックボクサー我龍真吾(本名・山本真吾)が、大麻不法所持の容疑で現行犯逮捕されたのだ。

我龍はM-1ミドル級王者のタイトルを保持(逮捕後の27日に返上)、K-1MAXを始めキック各団体に参戦。元暴走族という“前歴”を売りに、金髪に染めたヘアスタイルに、特攻服のヤンキースタイルで入場、対戦前には相手にメンチを切る(にらみ合う)という不良パフォーマンスで人気を博した名物選手。

逮捕日の午前1時35分、我龍は乗用車内に居たところ、不審に感じたパトロール中の警官に誰何され、車内に隠し持っていた大麻(約2グラム)の所持を発見され、現行犯逮捕された。既に当人は取り調べで容疑を認めているという。

我龍は、今年2月23日に現場近くの代々木体育館で開催された「K-1 World MAX2009に出場。現役の電通営業マンとしても知られる大渡博之と対戦。“元不良とエリート会社員の対決”として話題を蒔いた。

試合前日の記者会見で我龍は、印象的な言葉を吐いている。「今、いろんな殺人事件とかがあるけど、バカでも自分の得意なものを見つければ、デカい舞台に上がれるというのをアピールしたい」と。
 
翌日我龍は判定勝ちを納める。一般社会で不良あがりのアウトローが、エリートサラリーマンより上に立つという光景は滅多に見られるものではない。だがK-1という舞台を得て、我龍は見事に有言実行を果たしたことになる。本来なら多くの“おちこぼれ”に勇気を与えたはずの、彼の“成り上がり”スピリットは、いったいどこで暗転してしまったのだろうか。

実は、事件の萌芽はこの勝利の中に既に内包されていたのだ。

この試合で我龍は右足の靱帯を断裂。試合はもちろん、練習も出来ない状態に陥ったというのだ。また私生活でも、昨年三人の子供を一緒に育んだ愛妻・章子さんと離婚。かつて新日本キックをトラブルで離脱、選手として底辺を舐めた時代にも支えてくれた大事な家族を失い、精神的に不安定な状況が続いていたようだ。

おそらくこうした“不幸”の積み重ねが、今回の事件の銃鉄になったことは想像に難くない。

我龍真吾逮捕/大麻汚染はなぜつづく(2)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。