イチロー、監督問題に一石を投じる

イチロー
WBC監督問題で一石投じたイチロー。何かしらの影響力を発揮するか
そろそろイチローの“出番”かと思っていた。来年2009年3月の第2回ワールドベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督選考問題。メンバーに選ばれてもいないのに口出しはしない主義だったマリナーズ・イチロー外野手(34)だが、我慢ができなくなったみたいだ。シアトルから18日(日本時間19日)、体制検討会議(15日)で大勢を占めた「現役監督は難しい」との流れに待ったをかけたのである。

「最強のチームをつくるという一方で、現役監督から選ぶというのは難しいでは、本気で最強チームをつくろうとしているとは思えない」

加藤コミッショナー、王貞治コミッショナー特別顧問、楽天・野村監督、ヤクルト・高田監督、星野仙一氏、野村謙二郎氏らで行われた体制検討会議では、「現役監督は対象外」という意見が先行し、最初から選択肢を狭めたことに苦言を呈した格好だ。