今年も少しずつですが野球のシーズンが近づいています。プロ野球を観戦するファン、学生野球や草野球をプレーするファン。野球の愛し方は様々ですが、今回はその野球が伝わった明治時代をクローズアップし、どういった経緯でどのように全国に伝わっていったかを調べてみたいと思います。

「ベースボールが日本の土を踏んだ 野球伝来の年」

いわゆる「ベースボール」とよばれる競技は、明治4年(1871年)に、日本に伝来したとされております。東京の開成学校(現在の東京大学)の生徒が米国人教師H・ウィルソンらの指導によって行ったのが日本における「ベースボール」の誕生になります。

当時の「ベースボール」の普及ルートとなると、こういった外国人教師が開成校や開拓使仮学校などで指導する場合と、アメリカ留学から帰ってきた平岡煕(日本で初めて「カーブ」を投げたとされる人物)らが、日本の指導者階級や旧大名へ普及させたもの体操伝習所の学生が体育教師として地方に赴任し、そこで指導したものの3種類に分かれるそうで、この当時、野球を伝えられた人々は、野球というスポーツを行うこと自体が本当に楽しく、盛んに行われていたようです。こうして、日本における「ベースボール」が産声をあげました。その後、先のルートをたどり、全国各地に「ベースボール」は広まっていくのですが、明治11年に新たな展開を迎えます。日本における初の「ベースボールチーム」の誕生です。

「初のチーム誕生 ~上流階級のスポーツとして~」

先ほども紹介した人物、平岡煕を中心とする社会人らが、「新橋クラブ・アスレチックス」という「ベースボールチーム」を結成します。当時としては、会費1ヶ月1円(米一升が9銭)といういわばブルジョワ階級のチームでしたが、日本では初めてユニフォームを作り、キャッチャー用のマスクもあつらえ、平岡の野球に対する熱心な愛情によって、チームの運営が始まりました。それを追うように、明治13年三田へリクレス・クラブが徳川達孝伯を盟主とし誕生、新橋アスレチックスとはライバル意識を剥き出しにし、たがいにチームを、ひいては日本の「ベースボール」を盛り上げていきます。その背景には、当時は、学生、社会人を問わず、形態的西欧化を背景に、西欧のモノなら何でもやってみようという進取の精神があったことは言うまでもありません。

そうした時代背景の中で、続々と「ベースボールチーム」が結成されていきます。先の2チームに加え、東京大学チームや駒場農学校チームなどが立て続けに活動を開始し、引き続いて慶應義塾クラブ、白金クラブ(当時の波羅大学、現在の明治学院大)など、学生が主体となって誕生していくこととなりますが、続々とチームは誕生するものの金銭的負担が大きく、一部のブルジョワ・エリート階級の人間しかプレーすることはできなかったようです。

こうして複数の富裕な人物によって営まれ始めたクラブチームですが、当然のように対抗試合も盛んに行われるようになり、明治20年代に入ると本格化し、覇権を求めて競い合うようになります。その中から台頭してきたのが「一高時代」とも形容された第一高等中学校でした。