天皇杯4回戦の結果

11月13日(土)
山形 1-2 横浜FM  山形県総合運動公園
京都 1-2 東京V  西京極総合運動公園
水戸 0-1 鹿島  笠松運動公園
鳥栖 1-3 G大阪  鳥栖スタジアム
清水 0-1 大宮  日本平スタジアム
仙台 0-1 FC東京  仙台スタジアム
柏  0-1 群馬FCホリコシ  日立柏サッカー場
佐川急便東京 2-3 磐田  味の素スタジアム
湘南 2-3 新潟  平塚競技場

11月14日(日)
C大阪  1-2 ザスパ草津  長居スタジアム
名古屋 3-0 Honda FC  瑞穂陸上競技場
川崎 3-2 神戸  等々力陸上競技場
横浜FC 1-0 広島  三ツ沢公園球技場
札幌 2-1 市原  室蘭市入江運動公園
甲府 1-2 大分  小瀬スポーツ公園
福岡 1-3 浦和  博多の森球技場

5回戦の組み合わせ

12月12日(日)
13:00 東京V  - 名古屋  豊田スタジアム
13:00 鹿島 - 川崎  カシマスタジアム
13:00 横浜FC - G大阪   愛媛総合運動公園
13:00 大宮 - FC東京  鴨池陸上競技場(鹿児島)
13:00 札幌 - 大分  熊本総合運動公園
13:00 群馬FCホリコシ - 磐田  ヤマハスタジアム

12月15日(水)
19:00 横浜FM - ザスパ草津  仙台スタジアム
19:00 浦和 - 湘南  桃太郎スタジアム(岡山)

*****

第84回天皇杯大会

日本サッカー冬の風物詩の一つ。第84回天皇杯全日本サッカー選手権大会。昨年までと異なり、今大会から9月に1回戦がスタートした。

●日本サッカー協会HP・天皇杯大会概要

<出場チーム 全80チーム>

J1:16チーム(4回戦より出場)
J2:12チーム(3回戦より出場)
JFL:前期の上位3チーム(大塚製薬、Honda FC、ザスパ草津・2回戦より出場)
大学:総理大臣杯の上位2チーム(駒澤大学、桃山学院大学・2回戦より出場)
都道府県代表:47チーム

●天皇杯組み合わせ
●各都道府県の代表チーム
●会場一覧

ちなみに最多出場は東洋工業、マツダの時代を経ているサンフレッチェ広島の53回!2位は40回でジェフ市原(古河電工)、浦和レッズ(三菱重工)が続いている。

<大会日程>

1回戦:09月23日(木・祝)
2回戦:09月26日(日) ※予備日:09月29日(水)
3回戦:10月10日(日) ※予備日:10月14日(木)
4回戦:11月13日(土)14日(日)
5回戦:12月12日(日) ※予備日:12月15日(水)

準々決勝:12月19日(日)
準決勝:12月25日(土)
決勝戦:1月1日(土・祝)

<天皇杯の歴史>

第1回大会は1921年。大日本蹴球協会の設立を受けてのこと。現在ではオープン化進み、全国約6000ものチームが参加する、日本最大規模の大会となっている。今年の元旦にはジュビロ磐田が優勝。天皇杯優勝チームは1年間、ユニフォームに優勝ワッペンをつけることが許される。

一方で悲しい歴史もある。第78回大会、横浜フリューゲルスはマリノスとの合併が決まり、負ければその瞬間チームがなくなる中、決勝まで進み1999年元旦に優勝の雄たけびを上げた。しかしそれはフリューゲルスの名前が刻まれた最後の試合となってしまった。

時期の問題でJリーグチームのモチベーションなど問題視されることが多い大会だが、やはり正月の国立へ向けての戦いは、1年を振り返り、新年に想いをはせる重要な儀式だろう。

●前回大会の結果
●横浜フリューゲルス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。