ゾンカー

ゾンカーは非常にバリエーションの多いパターン。ゾンカーテープを使用することさえ守れば、ボディサイズやフック形状を変えるだけでガラっと見た目が変わるためオリジナリティを出しやすいフライでもある。ガイドも釣り場に合わせていろいろなパターンを作るが、今回はマイラーチューブを使ったスルーボディタイプを紹介しようと思う。オーソドックスなスルーボディにほんのちょっとひと手間加えたものだが、トラウトのボディに対するアピールが強くなり、フッキング率が高まるフライだ。

下巻きをしたフックにシンカーを適量巻きつける。シンカーの腹側になる部分に少量のヤーンを巻き留め、スレッドをテール側へ移動させておく。
シャンクよりも少し長めに切ったマイラーチューブの芯を出しておく。マイラーチューブの太さは好みで構わないが、やはり小魚パターンなのでシルエットが細身になるようにするのがベスト。
マイラーチューブを先ほど作ったシャンクにかぶせてゆく。ゲイブのカーブが始まるあたりでスレッドで巻き留め、瞬間接着剤をほんの少量だけ垂らしておこう。
ゾンカーに必須のゾンカーテープの長さは、フック形状にもよるが水に流れたときにボディの2倍ぐらいのファー(毛)が揺れるようにするのが基本だ。
長さを合わせた部分のファーを掻き分け、スレッドでシャンクに巻き留める。このときラファーを水に濡らしてから取り付けるとやりやすい。4~5回ほどスレッドで巻き留めたら、ハンドヒッチを行いフィニッシュしておく。スレッドをカットしたら瞬間接着剤でスレッドを固定しよう。
マイラーチューブからフックのアイを出す。チューブを少し手で引っ張ってから上に持ち上げれば簡単だ。次にマイラーチューブを後ろにずらして余ったスペースにスレッドを巻き留めておこう。
マイラーチューブをスレッドで巻き留め、余りをカットしておく。マイラーチューブはなるべくギリギリでカットして、それでも余りがある場合はスレッドで隠しておくこと。
ヘッドの部分にギルとなるギニアフォールを取り付ける。1回転だけ巻き留め、ファイバーが下向きになるようにする。このやり方はパートリッジと同じなので過去記事を参考にしてほしい。なお、フックサイズが小さい場合はギルを省略しても構わない。
ゾンカーテープを少し引っ張るようにしてテンションを掛け、スレッドでヘッドに固定する。
ゾンカーテープの余りをカットしてスレッドでキレイにヘッドを作れば完成。最後にバーニッシュを塗ると強度も高くなる。

>>まだまだ続きます、トラウトチャレンジ編!>>