「ブーケ~ティアドロップ~」の作り方

アウトライン
【手順1】
ブライディを吸水させ、スタンドにセット。バラを使ってアウトラインを作る。だいたい直径20cmぐらいのブーケをつくる。下のラインはティアドロップの先になるので、少し長めにセットする。



トルコを入れる
【手順2】
大きい花材から入れていく。トルコの大きい花からバランスを見ながら入れる。



カーネーションを入れる
【手順3】
次にカーネーションを入れ、SPカーネーション、SPバラもバランスを見ながら入れていく。



完成
【手順4】
残りの花を入れ、レザーファンでバックカバーをする。仕上げにリボンをつけ完成!



今回のアレンジメントのポイント


今回はティアドロップ型ブーケ。しずく型の人気のある形のブーケです。ラウンド型は半円形のちょうどおわんを逆さにしたような形のことですが、中心から放射線状に形作ることが基本です。このラウンドの基本形の下の部分を少し長くポイントに取ることが大切になります。

また、色合わせも注意したいですね。ピンク系のブーケが可愛いくて人気がありますが、ピンクの濃淡だけだとインパクトが少なく、離れてみるとピンクの塊にしか見えないことがよくあります。少しトーンの違う色やアクセントに補色をプラスするなど工夫してみましょう。

今回はブライディというマイクのような形のブーケベースを使って仕上げましたが、ワイヤーのブーケも形や基本は同じです。ワイヤーブーケの利点は軽いことと動きが付けやすい事だと思います。ただブライディのように吸水が容易では無く、花持ちが悪いという点もあります。ブーケはそのひと時が一番美しければよいという贅沢なお花です。プレゼントされるときはタイミングを逃さないように注意しましょう。

■関連サイト
  • 【5月の花】カーネーション
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.18 【7月の花】トルコギキョウ
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.17 【6月の花】バラ・薔薇・ローズ

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。