いて座の人の性格

いて座の人の本当の性格は?

いて座の人の本当の性格は?

いて座の月をもつ人の性格は即断即決型で少々せっかち。落ち着いて物事を考える前に行動してしまうフットワークの軽さは他の追随を許さない。内面的にも失敗は成功の元的BIG感があり、この手がダメなら、あの手があるなどなど創意と工夫と実践の人。万事、先手必勝と考え易い。

しかし、物事がうまく運ばないときは、手のつけられないわがままさが顕著にあらわれ周囲のものを圧倒する辛らつさで攻撃的になる…。と言っても、粘着質の感情ははなっからないのであっという間に攻撃は終了する。

本人もその気短さを欠点と知っている場合が多いが、なぜか改めることができる人は稀にしかいない。結局、人望や信頼を継続するためにアフターフォローを余儀なくされる。

強気で完全な孤立を恐れないタイプではなく、どちらかと言えば周りに信望者を置いておきたい、淋しがりや。周りに良い人が集りやすく、本人は知らず知らずでも信望者のほうが内面的には保護者的心を持つと言う、不思議な関係を築きあげている人が少なくない。できるだけ、友情を大切にしましょうね。

やぎ座の人の性格

やぎ座の人の本当の性格は?

やぎ座の人の本当の性格は?

やぎ座の月をもつ人の性格は頑固一徹の昔かたぎの正統派。但し、この頑なさは基本的には自己でなく周囲に向けられることのほうが多い。最初はとっつきにくいが内面的に打ち解けてしまえば同志的感覚で心温まるお付き合いを旨とし、頼りになるリーダータイプであることに疑いはない。

若干、古めのモラルを持ち出し教育的なところは同世代同志ではめんどうな場合もあるが、若い世代からは場合によってはカリスマ的存在としてあがめられやすいことも少なくない。

伝統的権威の中に精神的よりどころを見出し、内面的にもそこで癒されるが、時にその反対側の面が強く出て破壊的な進歩派的精神を追い求める人もある。

基本は自己防衛本能の強さで何を受け入れ、何を拒むか?このあたりの選択に人生の幸福感が大きく左右されがち。精神的には強靭なように見えて意外と周りの風潮を気にしすぎて、自己把握を難しくさせる。信じるものが見えないときに何処までアイデンティティーを貫きとうせるかで人生が決まるタイプ。

≫≫次ページではみずがめ座とうお座の性格を紹介

★おひつじ座・おうし座の月はこちらへ★
★ふたご座・かに座の月はこちらへ★
★しし座・おとめ座の月はこちらへ★
★てんびん座・さそり座の月はこちらへ★
★みずがめ座・うお座の月はこちらへ★