キッチン収納の改良がどんどん進んでいます。一方で、私たちはその収納を使いこなしているでしょうか?キッチンの使い勝手は、収納をどう使いこなすかによって左右されます。近頃気になるのは深い引き出し収納です。今回はその使い方を考えてみましょう。

深い引き出しが使いにくい

深さの半分も使いこなせないことが多い。

深さの半分も使いこなせないことが多い

開き扉が主流だったキッチン収納ですが、近頃は引き出しスタイルが増えています。奥にしまったモノまで出し入れしやすいのが人気の理由。調理道具の活用率があがるのは嬉しいことです。ところがその一方で、流しやレンジ下にある深い引き出しが上手く使いこなせないという不満の声があがっています。

そこで早速その悩みを解消するために、あるものを使って収納効率を上げる方法をご紹介しましょう。


引き出しを2段活用する

下段には密閉容器を置いてもいい。

下段には密閉容器を置いてもいい

寸胴鍋や積み重ねたボウルなど高さのある道具を収納するには、流しの下に深さのある引き出しがあると重宝です。ところが、レンジ下の深い引き出しにフライパンや中華鍋などをしまうと、せっかくの深さが活かせない。もっと何か収納できそうでモッタイナイと感じていると思います。

そこで、深い引き出し内を立体的に使う道具として、コの字ラックは如何でしょう。食器収納などで使いこなしている人も多いはず。そしてその使い勝手にも納得しているのでは?でも引き出しにコの字ラック? と思うかもしれませんね。

もともとコの字ラックは、空間を上下に分割して2階だてに収納する道具。それを引き出しの中に入れることで、上段にフライパンを下段に頻度の低い道具をしまうことができます。幸いなことに、引き出しの両サイドにはパイプがあるだけで、手が入るくらいのアキがあるのです。おかげでサイドからサっと出し入れができて、コの字ラックの良さが活かせます。

さらに深さを活かしきるための大事なポイントは、引き出しのサイズを測ってから、程よいサイズのコの字ラックを選ぶこと。奥行きと高さのジャストサイズが見つかると、満足度が高くなります。投資金額が僅かなのに、収納効率が上がってダブルで嬉しいのは間違いないですよ。

100円均一の収納用品も、サイズがあえば使い勝手がアップ。特別な道具を使わなくても、キッチンすっきりのワザありノウハウも忘れずに。収納にこだわり過ぎて、キッチンを快適な場所にすることが、後まわしにならないようにしましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。