文章:橋本 誠(All About「アート・美術展」旧ガイド)
十和田市現代美術館開館レセプションの様子
十和田市現代美術館開館レセプションの様子
待ちに待った展覧会のスタート。初日には多くの観客が集まり、イベントが開催されていることはご存じでしょうか。今回は、展覧会のスタートを彩る、オープニングイベントの様子をお伝えします!

美術館やギャラリー、様々なアートイベントなど、多くの展覧会ではそのスタートに合わせて関係者を招待。オープニングレセプションと呼ばれるお祝い、おもてなしの場を用意しています。

大規模な展覧会では主催者からの挨拶やキュレーターなどによる概要説明にはじまり、来賓の方々の挨拶。現代アートの展覧会で作家が出席している場合は作家の紹介も行なわれます。そして乾杯の後にパーティーが行なわれるわけですが、小さな展覧会ではあえて大げさなセレモニーにはせず、パーティーだけが行われることが多いようです。

気軽に行けるギャラリーのオープニング

ギャラリーのオープニングパーティの様子
ギャラリーPOINT(恵比寿)でのオープニングの様子
規模の大きな展覧会では、招待が関係者に限られ一般の方がのぞいてみることは難しいのですが、ギャラリーで開催される規模の小さい展覧会などでは、比較的自由にどなたでも参加することができます。展覧会の開催をお祝いする華やかな雰囲気の中、作品を見ながらささやかなおもてなしを受けることができます。

このようなオーニングイベントの目的は、コレクターの方に作品を見てもらうためのおもてなしであったり、美術関係者にこの機会を次につなげてもらうためであったりします。そのため憧れの作家がすぐ近くにいてもなかなか忙しそうで、話かけるチャンスはないかもしれません。しかしなによりこういったイベントの一番のよろこびは、作品を見ながら直接作家に話を伺えることだと思います。