2010年新製品から注目のエアコンをご紹介。ますます省エネ性能がアップ!暖房機能も充実しています

2010年新製品から注目のエアコンをご紹介。ますます省エネ性能がアップ!暖房機能も充実しています

エアコンと言えば「夏」と思うかもしれませんが、実は、エアコンの新製品リリスーは「冬」なんです!エアコンは各メーカーグレード別に4~5シリーズのモデルを持つため、まだ全シリーズ出揃ってはいませんが、既に2010年上位機種モデルは発売となりました。

最近は、エアコンの暖房能力が向上したため「メイン暖房もエアコンで」というご家庭が増えているようで、各社暖房機能に力を入れています。

そこで、現時点でのおすすめモデルをピックアップ。省エネ性能や内部クリーン機能などは、どのメーカーも標準機能となっていますので、暖房機能・オンリーワン機能を中心にご紹介します。

 

 

省エネ意識が高まる「東芝・UDRシリーズ」

デュアルコンプの実力が発揮され、消費電力約45Wで運転しています

デュアルコンプの実力が発揮され、消費電力約45Wで運転しています

基本性能で確実に省エネを実現している堅実タイプ。2009年モデルで搭載された「デュアルコンプ」は小能力運転が可能で室温が安定するため、快適かつ省エネな運転ができます。冷房時には、1時間1円で運転する「涼風運転」など、長時間エアコンを使っても電気代が気にならない工夫がされています。

 
3日間の電気代が見えるのも、リモコンの「おしえて」機能の表示のひとつ

3日間の電気代が見えるのも、リモコンの「おしえて」機能の表示のひとつ

消費電力が表示される「見える化」も進化。電力だけでなく、その日の積算電気代や1時間あたりの電気代もエアコンパネルに表示されます。さらにリモコンでは、月額の積算電気代・二酸化炭素排出量や、当日前後の3日間の電気代など様々なデータが確認可能。具体的な数値を知ることで、エコ意識が高まり省エネに取り組むのが楽しくなります!

 
暖房機能では、あらかじめ時間を設定しておくと、予熱運転を行いスイッチONですばやく温風がでてくる「ダッシュ暖房」が特徴。予熱運転は、設定した時間の1時間前から2時間後まで有効。タイマーと違い「ON」にしなければ運転は開始しないので、起床時間や帰宅時間が多少ズレても気にしないでOK。毎日タイマーをセットするより面倒がなく、便利かつ省エネな機能と言えるでしょう。

また、イオン搭載では出遅れた感のある「ピコイオン」ですが、実は、いわゆる空気清浄機と同等の性能を搭載しているのは、東芝のエアコンだけ! 室内にイオンを放出するだけでなく、エアコン内部で花粉やハウスダストなどを捕獲して室外に排出しています。

>>大清快 RAS-281UDR(価格.com商品ページへ)

■メーカー製品サイト:東芝エアコン・UDRシリーズ


加湿と快適機能が充実の「ダイキン・Rシリーズ」

基本性能の高さに定評があるダイキン!リリースではキャラクター“ぴちょんくん”も登場♪

基本性能の高さに定評があるダイキン!リリースではキャラクター“ぴちょんくん”も登場

高い基本性能に加え、独自の加湿機能が売りの個性的なタイプ。温度・湿度・気流の3つをコントロールすることで、さらに省エネで快適な状態をキープ。特に、加湿機能は外気の湿気を取り込む独自の方式。給水不要なので、手間がかからないのが魅力です。

 
2010年モデルの目玉機能「4方向気流」は、サイドからの吹き出しが特徴

2010年モデルの目玉機能「4方向気流」は、サイドからの吹き出しが特徴

さらに今年の目玉は、独自の4方向気流。上下方向の吹き出し口に加え、左右から吹き出すサイドスラップを採用し、快適性と省エネ性をUP。エアコンを何処に設置しても、L字型などの変形リビングでも、状況に応じて最適な気流が隅々まで届くため、ムラなく気流を行きわたらせます。

 
また、起床時間に合わせて室温・湿度をコントロールする「快眠機能」もおすすめ機能のひとつ。加湿までコントロールできるのは、給水レスのダイキンだからこそ。肌に良い美肌保湿運転もあり、エアコンによる乾燥を防いでくれるのは、うれしい機能ですね。

ただし、湿度か低い真冬(例えば、外気の湿度か20%・外気温度2℃以下)など、外気の条件によっては設定した湿度にならない事があります。給水して加湿する加湿器とイコールではないので、ご注意を。

>>うるるとさらら AN28LRS(価格.com商品ページへ)

■メーカー製品サイト:ダイキン・ルームエアコン

 

細かいことはエアコンにお任せ!「パナソニック・Xシリーズ」

エコをナビする「エコナビ」が今年のキーワード、細かな設定をしなくても省エネ運転をしてくれるエアコンです

エコをナビする「エコナビ」が今年のキーワード、細かな設定をしなくても省エネ運転をしてくれるエアコンです

「エコナビ」と銘打ち、センサー技術で快適と省エネを実現。使い手があれこれ気にしなくても、エアコンが判断して最適な省エネ運転をしてくれます。細かな設定は面倒だと言う、お任せタイプの人におすすめです!


 
3つのセンサー搭載でとことん無駄を省き、快適と省エネをアシストします!

3つのセンサー搭載でとことん無駄を省き、快適と省エネをアシストします!

従来の「ひとセンサー」に加え、家具を見る「間取りセンサー」、日当たりを見る「日照センサー」、以上3つのセンシングにより、省エネを実現。また、人が居なくなるとパワーダウンし、3時間戻ってこなければ自動ストップするなど、無駄な運転を省く機能も充実しています。


 

さらに「ナノイー」搭載なので、空気中のウィルス・菌・ニオイを抑制したり、エアコン内部をクリーンにしたり、肌や髪のうるおいキープなど、様々な効果が期待できるのもうれしい点です。
 

>>CS-X280C(価格.com商品ページへ)

>>CS-280CXR(価格.com商品ページへ)

■メーカー製品サイト:パナソニック・エアコン
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。