バッテリーの種類で考えるデジタルカメラ選び

バッテリーから見たデジタルカメラの選び方、というものもある。

現在、多くのコンパクトスタイルのデジタルカメラにおいて採用されているのはリチウムイオン充電池だ。リチウムイオン充電池はアルカリ乾電池に比べてエネルギー密度が高く、小型にできるなどさまざまな面で使いやすい充電池だ。

撮影枚数という面だけで見ると、乾電池はリチウムイオン充電池にはかなわない。しかし、乾電池にはリチウムイオン充電池にはないメリットがあるのだ。


乾電池のメリットその1 - 入手性の高さ

まず、入手性の高さだ。

乾電池であれば全国津々浦々で入手が可能。これは大きなメリットだ。

乾電池であれば全国津々浦々で入手が可能。これは大きなメリットだ。

なんらかの理由で電池切れになってしまった時に、リチウムイオン充電池を採用している電池は予備電池がないかぎりどうにもならない。ただの箱以下の存在だ。

原則的にはリチウムイオン充電池を採用しているデジカメであれば1日は確実に撮影できるのだが、たとえば「充電を忘れていた」というようなヒューマンエラーはどうしようもない。

その点、乾電池採用のデジタルカメラであれば日本国内であれば、コンビニでもキオスクでもアルカリ電池を購入すれば問題解決だ。

海外ではアルカリ電池の購入に手間がかかる場合もあるが、それでもまったく入手可能性のないリチウムイオン充電池に比べれば安心度は高いといえるだろう。

旅行であれば充電器を持ち歩かなくても済むので荷物が少なくて済むという利点もある。このように旅行においては乾電池駆動のデジタルカメラの持つメリットが大きくなる。旅行に持ち歩くことが主用途として挙げられるのであれば、乾電池のものも選択肢として考慮に入れておいてもいいだろう。


乾電池のメリットその2 - 分かりやすさ

もうひとつ、大きなオススメポイントがある。それは分かり易いということである。

特に高齢ユーザーの場合や、使用頻度が年に数回というような場合、単純に電池を入れ替えて撮影すればいいというのは分かり易い構造だ。

デジタルカメラをよく使い、充電するという行為が生活に組み入れられているのであれば問題ないだろう。そうでない場合、充電器を探して……というところから始まってしまうことも多い。

この充電という手間が1ステップあることで、デジカメを使いにくく感じさせてしまうくらいであれば乾電池を使ってしまうのがいいのではないかと筆者は考えている。

乾電池を採用したデジタルカメラは、原則としてエントリーモデルが多い。しかし、キヤノンのPowerShotにはミドルレンジのものもいくつかのバリエーションがある。現在、乾電池採用モデルを多く用意してくれているメーカーがキヤノンである。

PowerShot SX120 ISはそこそこ小型でありながら10倍ズームレンズを搭載しているという現在のトレンドを抑えている唯一の乾電池採用モデルだ。


【関連サイト】
キヤノン PowerShot SX120 IS


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。