アプリケーションを動かす方法

名称を覚えたら、次はアプリケーションの実行(起動)してみましょう。といってもDockに登録されているアイコンをマウスでクリックするだけ。Dock右側にある「A」※と見えるアイコンをクリックすると、もっとたくさんのアプリケーションを使うことができます。
※Mac OS X v10.6 Snow Leopard では初回から登録されています。それ以前のバージョンでは“アプリケーション”フォルダをFinderからドラッグ&ドロップして登録する必要があります(クリックで拡大)

※Mac OS X v10.6 Snow Leopard では初回から登録されています。それ以前のバージョンでは“アプリケーション”フォルダをFinderからドラッグ&ドロップして登録する必要があります(クリックで拡大)



アプリケーションの切り替え方

アプリケーションを実行すると、今度は先ほどまでのFinderが見えなくなってしまいました。Macでは実行中のアプリケーションは後から実行したアプリケーションによって隠れてしまいます。

このような状態のとき直前に使っていたアプリケーションに戻るには、Dock上のアイコンをクリックするか、command キーを押しながら、tabキーを数回押します。
Windowsに慣れた人なら、Alt + TAB の操作だと言えばわかるでしょう(クリックで拡大)

Windowsに慣れた人なら、Alt + TAB の操作だと言えばわかるでしょう(クリックで拡大)



ヘルプの開き方

Macを使いこなすには、ヘルプをよく読むことが一番の近道です。ヘルプを読むには、画面上部の中央付近にある「ヘルプ」というメニューをクリックして開き、「XX ヘルプ」(XX にはアプリケーションの名前が入ります)をクリックします。
Macのヘルプはほとんどのアプリケーションで共通のシステムを使うため、異なるアプリケーションのヘルプを串刺し検索できるという特徴があります(クリックで拡大)

Macのヘルプはほとんどのアプリケーションで共通のシステムを使うため、異なるアプリケーションのヘルプを串刺し検索できるという特徴があります(クリックで拡大)


■関連記事




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。