もしも恋愛小説世界の中心にセカチューがあるとしたら、『変愛小説集』に収録されているのは、辺境・秘境に位置する話ばかりだ。でも、世界のはずれでしか描けないものがある。現代の英米文学のなかから愛にまつわる11の変な物語を集めたアンソロジー。なかでもガイドが偏愛する3編をピックアップしてみた。

変だから美しいアリ・スミス「五月」

変愛小説集
<DATA>タイトル:『変愛小説集』出版社:講談社編訳者:岸本佐知子価格:1,995円(税込)
まず「五月」は、見知らぬ人の庭に植えられた一本の木に一目惚れする「わたし」の物語。

恋愛小説は感情移入できてナンボ、木に恋をする気持ちなんてわからない――と思って読むと良い意味で裏切られる。たとえば「わたし」が初めて木に出会ったときのこんな場面。「わたし」は職場へ向かう道を歩きながら、自分が歩道でつまづきそうな箇所をチェックする調査員になったところを想像する。

報告するべき箇所を頭の中でいちいち指さし確認しながら歩いていたら、ふいに目の前の地面が消えた。本当に、消えてなくなった。わたしの立っているところから先の歩道が、いちめんふんわりとした絹の切れ端のようなもので埋めつくされていた。花びらだった。わたしはそれがどこから落ちてきたんだろうと上を見あげて、その落ちてきた元を見た。

こんなにヴィヴィッドに、美しく、恋に落ちたときの感覚を味あわせてくれる小説は滅多にない。その後「わたし」は、相手に頻繁に会いに行ったり、相手のことをもっと知りたくてインターネットでいろいろと検索したり、相手とずっと一緒にいられる方法を考えるようになる。その行動はいかにも恋する者らしい。相手が木なだけで。

相手が木だけに、「わたし」の想いはだれにも理解されない。傍から見ると完全にイッちゃった人になってしまう。ゆえに「わたし」の恋は切実に感じられるのだ。どうしてその相手じゃないとダメなのか。コアな部分は、他者と共有できない個人的なものだから。恋する者は本来的に孤独なのである。

次ページでは変だからこそ悲しい愛を描いた1編をご紹介!