『ザ・ゴール2 思考プロセス

エリヤフ・ゴールドラット著
三木本 亮/訳
稲垣公夫/解説
ダイヤモンド社 1,600円

この本を買いたい!



■ベストセラー続編。前回のあらすじは? 

紹介されている生産管理メソッドの斬新さもさることながら、ビジネスの現場を舞台にしたスリリングなストーリーで人気を博した『ザ・ゴール』の続編。まずは、前作を読んでいない方のために、あらすじを紹介しておこう。

機械メーカー、ユニコ社の工場長であるアレックスは、経営陣から採算悪化を理由に工場閉鎖を言い渡される。が、偶然再会した大学時代の恩師ジョナから、新たな生産管理メソッドであるTOC理論(制約条件の理論)を授かり、仲間たちと試行錯誤しながらその理論を実践。結果、工場の在庫は減り、生産性は向上。危機を見事に乗り切る。

という、言ってみれば、アメリカ版サラリーマン・サバイバル・ストーリー。TOC理論について知りたい人は、参考サイトを見ていただくとして、主人公のサバイバルが、続編でアメリカン・ドリームになるのかどうか。

10年後の設定である続編では、我らがアレックス、多角事業グループ担当副社長に順調に出世なさっている。とは言っても、順風満帆ではストーリーになるわけもなく……。