今夏のクラブナンパはオシャレしちゃダメ

03
芦沢教授/あしざわきょうじゅ/ベンヌ所属/クラブDJであり、おそらく世界で唯一のパラパラ芸人。最近、より音楽とお笑いの融合した作品づくりに目覚め日々、邁進中!
クラブナンパ事情対談・第4弾後編はより具体的なナンパ方法をアレコレ。では、前編に続き友達のお笑い芸人&DJ・芦沢教授さんとの対談をお楽しみ下さい!

ガイド:
さて、教授、後編は断線した話を元に戻して、今夏に向けての各ナンパ箱や人種別の攻略法について語りましょう。

芦沢:
はい、宜しくお願いします! とりあえず今年は、夏だからといって男は色黒とかはウケないですね。

ガイド:
嗚呼、まず大前提としてキバってクラブに行っちゃいけないワケね。オシャレしたらダメなワケね。

芦沢:
そう、オシャレはソコソコでいいです。アキバ系でなければOKです。これは正しい言い方か分からないけど、ナンパ箱は男女ともナンパ目的で来てるのに遊んでる風のチャラチャラしたヤツは嫌いなんですよ。

ガイド:
なるほどね、それは分かる気がする。「ああいうチャラチャラしたヤツと一緒にしてほしくない」っていう。

芦沢:
だからボクみたいなヤツがエーライフでナンパしてもほぼ全滅ですよ。

ガイド:
なんで?

芦沢:
見た目がチャラチャラしてそうだからですよ。それに一昔前は「DJやってる」ってだけでモテたけど、今は逆で「じゃあいいです」って。

ガイド:
嗚呼、もう「DJやってる」ってだけで「違う世界の人だ」っていう。

芦沢:
そう、ナンパ箱は出会い系の異業種交流パーティみたいなものですよ。だから「オレ、ドコモで働いてるんだよね」って言えば、「えー、今度機種変させてよ」「全然いいよ。なら番号教えて」っていう流れはイケるけど、「俺、DJやってるんだよね。今度遊びに来てよ」って言っても「ありがとうございます」って感じで全く盛り上がらないです。要は女のコが何話していいか分かんなくなっちゃうんですよね、私とは違う人種だと引け目を感じて。

ガイド:
なるほどね。業界人っぽくしちゃ逆にダメなワケね。一般の企業で働いてて、ちゃんと安定した生活を送ってるよ、っていう方が刺さるという。今のナンパ箱は出会いパーティだと思って行かないとダメってことね。

芦沢:
そうです。先日、大脇さんに「何かいい出会いパーティないの?」って聞かれましたけど「キャメロットですよ」って言いたかったですもん(笑)。

ガイド:
ワハハハ! キャメロットが出会いパーティ(笑)!

芦沢:
だって実際そうですから! 出会いパーティで1万払うより、もっと効率よく出会えるんですもん(笑)。だからとにかく夏っぽいオシャレな格好はやめましょう。今まで通りTシャツにジーパンで問題ないです。