ゴッドファーザー
イメージイラスト『ゴッドファーザー』シリーズ
(C)Koji Shiga
映画史上のベスト10!今回は外国映画から立派かつ有名かつガイドも好きと三拍子揃い、襟を正して観たいBest10と、どれか一つ欠けてはいるかもしれないけれど忘れられない大好きな作品More10の20本をお届けします。今回は一監督一作ではなく、良い作品ならば、同一監督でも何作も選出します。

はじめはBest10の第10位からカウントダウンでご紹介しますが、名作映画御三家の『第三の男』、『市民ケーン』、『天井桟敷の人々』は選外となってしまいました。
また、チャップリン映画からも1本と思いましたが、どれも良くて混乱してしまった(笑)ので棄権しました。

外国映画史上のBest10 第10位~第6位


『アマデウス』
AMADEUS
『アマデウス』
第10位:『アマデウス』
(1984年/アメリカ映画/上映時間:160min/監督:ミロス・フォアマン/出演:F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・ドートリス)
・モーツァルトの生涯を描いた音楽映画の最高峰は、物語の骨格に「近くに天才がいた時のアーティストの嫉妬心」が描かれています。サリエリでなくともモーツァルトに妬みをもつでしょう!ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生涯をもう一度観てませんか?

『哀愁』
WATERLOO BRIDGE
『哀愁』
第9位:『哀愁』
(1940年/アメリカ映画/上映時間:108min/監督:マーヴィン・ルロイ/出演:ヴィヴィアン・リー、ロバート・テイラー)
・美男美女コンビによるロマンティックなムード溢れる共演と、美しい場面の数々で甘い雰囲気を描き出したルロイ監督のこの演出。恋愛のお手本としてご覧いただける作品です。

『十二人の怒れる男』
12 ANGRY MEN
『十二人の怒れる男』
第8位:『十二人の怒れる男』
(1957年/アメリカ映画/上映時間:95min/監督:シドニー・ルメット/出演:ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ、エド・ベグリー、マーティン・バルサム)
・17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まります。ほぼ有罪と決定的な審議の中、一人の陪審員が異を唱えるのです。そこから密室劇の醍醐味と白熱した論じ合いは、見る者を熱くさせます。裁判員制度が始まった日本。是非呼び出しのかかる前にご覧ください。

『サンセット大通り』
SUNSET BOULEVARD
SUNSET BLVD.
『サンセット大通り』
第7位:『サンセット大通り』
(1950年/アメリカ映画/上映時間:110min/監督:ビリー・ワイルダー/出演:グロリア・スワンソン、ウィリアム・ホールデン、エリッヒ・フォン・シュトロハイム)
・ワイルダー作品は皆大好きですが、『お熱いのがお好き』と本作が双璧と言えます。ハリウッドの光と影をビリー・ワイルダー監督が見事に活写した傑作で、鬼気迫るグロリア・スワンソンの名演にも堪能しました。

『風と共に去りぬ』
GONE WITH THE WIND
『風と共に去りぬ』
第6位:『風と共に去りぬ』
(1939年/アメリカ映画/上映時間:231min/監督:ヴィクター・フレミング/出演:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲイブル、レスリー・ハワード、オリヴィア・デ・ハヴィランド)
・多分世界中で一番多く観られた作品ではないでしょうか?現在でもリバイバルすればヒットし、ソフトの売上も抜群の1本です。南北戦争前後のアトランタを舞台に、炎のような女、スカーレット・オハラの波乱万丈な半生をレット・バトラー、アシュレイ・ウィルクス、メラニー・ハミルトンを絡ませた華麗にして永遠・不朽の名作映画。