『HAZARD』
園子温監督&ジェイ・ウエスト単独インタビュー

『HAZARD』園子温監督&ジェイ・ウエスト単独インタビュー

『HAZARD』園子温監督&ジェイ・ウエスト単独インタビュー

『HAZARD2』の予定は? という話も
「この映画カッコいいぞ!」という作品に出会えた。衝撃的な『自殺サークル』を生んだ奇才・園子温監督が、当時まだ無名だったオダギリ ジョーを主演に迎えた映画『HAZARD』だ。この1年で世界三大映画祭をまわったオダギリ ジョー。園監督の話によれば、彼は今でも演技に詰まったときこの映画をよく観るのだという。

「眠たい日本」を脱出し「ハザード(危険)」を求めて単身ニューヨークに渡った青年シン(オダギリ ジョー)は、90年代初頭のアンダーグラウンドで『生と死』を体感する。3人の若者がニューヨークのハーレムやクイーンズといったストリートで繰り広げるアドレナリン全開の青春映画。

そして本作でひときわ異彩を放つキャラクターであるリーを演じたのは、カナダ出身でフランス人と日本人を両親に持つジェイ・ウエスト。「ザ・人間ハザード」っぷりを見事に演じ、ベニチオ・デル・トロやブラッド・ピットのようなカッコ良さをスクリーンで見せている。英語、日本語、フランス語を自在に操る素顔は役にも反映されている。

◆4年間熟成させた映画◆

――2002年に撮影した映画が、4年の月日を経て、ついに公開ということですが、今のお気持ちはいかがでしょうか。

園監督:長いこと寝かして、やっと公開になります。嬉しいけど、今と作風が違うから少し恥ずかしい。『HAZARD』はストレートなんです。青春ってことで、ちょっと『うわっ』ってところもあるし。なんか勢いに乗って一発録りしたパンクのファーストアルバムみたい。「ちょっとぐらい、いいんだよ」とか言って、がーーーとやりきって「ほりゃ!」って。その時はすごいカッコイイ!なんて思うわけだけど、4年ぐらい経ったら「あれっ」って(笑)。もう少し直したいなとかあるんだけど、まあそういう映画だからね。直したら『HAZARD』じゃなくなっちゃうから。
ジェイ・ウエスト:うん、そうだね。

園監督:最初は字幕をつけたのですが、字幕のない方がワイルドな雰囲気になると思いまして抜かしました。なので英語力を試せますよ(笑)。
ジェイ・ウエスト:えっ、字幕付きなんてあったの? 見てないよ。ハイテンションで話していたから、自分でも『ん?』ってところがあるのに……。

『HAZARD』園監督&ジェイ・ウエスト単独インタビュー【2】へ

『HAZARD』園子温監督&ジェイ・ウエスト単独インタビュー

『HAZARD』

2006年11月11日[土]~シアターN渋谷ほか全国順次ロードショー

監督・脚本:園 子温
出演:オダギリ ジョー、ジェイ・ウエスト、深水 元基/池内 博之
オープニング曲:「HAZARD」作詞:園子温 作曲:オダギリ ジョー
挿入曲:「Gr. for the Film」作曲:オダギリ ジョー
2002年/日本/1時間43分/アンプラグド配給

公式サイト:http://www.hazardmovie.com/

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "HAZARD"

Interview with SION SONO and JAI WEST on [HAZARD]