『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ
カイサ・ラスティモ監督、カトリーナ・タヴィちゃん、ティルダ・キアンレトちゃん

[2005/8/23]
『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ
カイサ・ラスティモ監督

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティカトリーナ・タヴィ

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティティルダ・キアンレト

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ

10月~公開の映画『ヘイフラワーとキルトシュー』(配給:アンスールピクチャーズ/イフ・エンターテインメント)のPRでカイサ・ラスティモ監督、カトリーナ・タヴィちゃん、ティルダ・キアンレトちゃんが来日。マスコミ向けのパーティに参加した。撮影は4年前とのことで、すっかり大きくなられたヘイフラワーとキルトシュー。

高層ビル(フィンランドには存在しない)と日本庭園を楽しみに、おととい初来日されたご一行。青山にあるフランス料理店、「ル・パピヨン」でのパーティを楽しまれた。会場にはアヌ・サレーラ(フィンランド大使館代理大使)も来場され映画への応援メッセージを述べられた。また翻訳監修をされたモデルのSHIHOさんも来場。

「自分自身でも戸惑っています。日本で上映されるなんて想像もしていなかったからです。人生最大の出来事です。二番目の出来事はフィンランドで公開されたとき生真面目そうなビジネスマンが目に涙をためて帰られたこと、それから劇場も大きい場所になっていったのです。小さな子供―5歳と7歳に演技が出来るのか?と不安でしたが、一緒に遊ぶ感じで撮影しました。今ではかけがえのないパートナーです」(カイサ・ラスティモ監督)

姉・ヘイフラワー役―「日本に来られて嬉しいです。日本はフィンランドとは違うのでとっても興味があります。フィンランドには高層ビルなどはありません。来日して六本木ヒルズのタワーに行き、楽しかったです。映画撮影では製作技術やカメラアングルを学びました。撮影のすべてが思い出です」(カトリーナ・タヴィ)

妹のキルトシュー役―「日本で公開されて嬉しいです。日本に来られる機会はめったにないので楽しんでいます。日本のみなさん映画を楽しんでご覧ください。休憩時間もカトリーナとは、ずっと一緒でお絵かきや人形遊びして楽しかったです」(ティルダ・キアンレト)

「ようこそ、日本へ。3人の来日をとても楽しみに待っていました。カトリーナちゃんとティルダちゃんの身長があまりにも伸びていてビックリしました。翻訳監修で何度も作品を拝見しました。あまりにも色がきれいで、ポップで、家族が描かれていて、とても素敵な作品だと思いました。日本公開スタッフの一人として、大勢の方にご来場いただき嬉しく思います。翻訳は二人の身になって、直感を大切にして、ピュアな気持ちを大切にしました」(SHIHO)

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日パーティ
フィンランド語で乾杯の音頭をとるカトリーナとティルダ

ヘイフラワーとキルトシューは、パーティの間、チョコレートがたくさんはいったバスケットを片手に会場を歩き、一人ずつに手渡しで配っているのでした。どうやら芸歴の長いティルダが先導。また写真撮影にも快く応じてくれていた(南も撮ってもらいました)。まだ12歳と10歳というのに、おそるべきプロ根性を見せ付けられたのでした。この可愛さ、たまりません。

 


『ヘイフラワーとキルトシュー』作品紹介
同時上映はアニメ『もぐらの宝物』 (ティニ・サウヴォ)

10月よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー

[Heinahattu ja Vilttitossu] Tokyo Press Conference

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)Kinotaurus OY. 2002. All Rights Reserved.
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "Heinahattu ja Vilttitossu" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.



映画・来日・ニュース・イベント8月トップページへ戻る
『映画』トップページへ戻る