チケット争奪戦


先生:
5月9日、10日に国立代々木競技場第一体育館でPerfumeのライヴ「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」が行われました。実は代々木は初めてなんですよね。
代々木体育館


研究生:
僕も、代々木体育館で音楽コンサートを観るのは初体験でしたが、とにかくめちゃくちゃ広く感じました。武道館へ行った友人曰く、「このスケール感は武道館の比じゃない」とのこと。僕もライヴ前は会場の広さが醸し出す迫力に圧倒されっ放し。正直、こんな大バコを本当にディスコできるのか?と不安の方が大きかったですね・・・。

先生:
武道館よりもちょっと大きい約13,200人収容能力らしいです。今回のPerfumeは、約12,500人という発表があります。でも、武道館は約14,000人が最大限という情報もあります。武道館でもチケ争奪戦がおきましたが、代々木はさらに拍車をかけてしまいましたね。

研究生:
僕の周りにも、チケット確保にかなり苦労した人が大勢いるようです。その一方で、複数枚当選した人もたくさんいるみたい。

先生:
ファンクラブ枠でも、あえなく落選の方も多かったようですが、最初のファンクラブ枠の当選はアリーナのステージ近くの席が多かったようです。

助手:
今回のチケット争奪戦は過酷でしたよ・・・。ファンクラブ番号2ケタ台の僕も落選組みでしたからね。「若い番号のやつは結局どんな手を使ってもライヴに来るから落選でいいや」的な思惑があるんじゃないかと疑うほど、一瞬性格ゆがみましたもんね。まぁもともとゆがんでるから大差ないんですが。

先生:
でも、最近何気にさわやか系じゃないですか?助手は。

助手:
結局今回も心あるPerfumeファンの方にチケットを譲っていただいて、なんとか9日だけですが参加できました。ほんとうに毎回助け合いの精神だなあとしみじみ思いますよ。落選してゆがんだ心がまっすぐになるっていうね。でもそれって結局チケットが手に入るかはいらないかだけじゃんという指摘もありつつ・・・