第1回のエロカワ対談の研究テーマは、エロカワ元祖からギャル系エロカワ。

処女登場!

先生:
某雑誌でエロカワに関するコメントを求められて、エロカワについて研究する機会があったんです。テクノポップの専門家のはずなのに、こういう依頼が来るのは複雑な気分ですが・・・

よこたん:
アーバンギャルドのよこたん
こんにちは、初めまして。よこたんです。普段はアーバンギャルドという中野系テクノポップバンドで唄って踊ったり、お人形遊びをしたりしてます。

先生:
アーバンギャルドって中野系だったんですね。MECANOもあるし、中野ブロードウェイは僕もレコード買いに行きますよ。 ところで、この対談は、皆に称号というか愛称でやってもらっています。よこたんはどうしましょうかね。

アーバンギャルド

よこたん:
もちろん、処女って呼んでください。

先生:
それって、国民に「私は嘘つき」って言っているに等しいですよ。

処女(=よこたん):
先生ったらそれは言葉の暴力ですよ。信じる者は救われます。

先生:
まるで「ビタミンドロップ」の歌詞のような返しですね。じゃ、それに免じて、認めましょう。のちのち話していきますが、今回、よこたんに対談依頼をしたのは、実は深い意味があるんです。

処女:
私と先生のエロの観点が似ているという事からでしょうか。

先生:
あのぅ・・・そんな発言したら、怪しまれるじゃないですか?
やはり、博士とエロカワ対談というのはなんか気持ち悪いですし。意外に助手は森下くるみ以外は清純派ですから、よこたんにしておこうかなと。

処女:
男性目線でエロがキーワードのひとつである事を話していくと、性的な話題になってしまいがちです。汚らわしいですよね。

先生:
そうそう、汚らわしい。ロマンのあるエロに話を。
エロかわいいの省略がエロカワ(エロかわ)ですが、英語でどう言うか知っていますか?

処女:
Ero Kawaiiとかですか?

エロカワが普及したのは?

先生:
amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
スパークル~ERO★CAWA★HITS~
惜しい。Ero Cawaです。 いきなり、滑りましたかね。

エロカワという言葉が一般的になったのは、倖田來未がエイベックスの稼ぎ頭としてブレイクした2004年あたりですが、よこたんは倖田來未はどう評価しますか?

処女:
倖田來未の音楽は好みから外れているのですが、実は彼女自体は評価していたりするんです。だって、彼女も何年も売れない辛い下積み時代があって、今があるのですから。一般メディアは華やかな面ばかり見過ぎだと思います。辞めずに続けて売れたって言うのは凄く良い事です。エロカワって言葉も認知されたし。 でも、やりすぎ感はあるので好みのエロカワではないです。

先生:
日本テレビの音楽バラエティー番組「ウタワラ」では、2006年に小学生以下の女子を集めて「チビっ子エロカワダンス選手権」なるものまで企画され、視聴者からの抗議が殺到し、物議をかもしました。審査員に倖田來未が参加したことは言うまでもありません。

処女:
小学生以下の幼女たちが踊る官能的なダンスを見てみたかった気がします。幼女が好きなんです。

先生:
お願いですから、見ず知らずの幼女に声をかけたりしないでください。気が狂いそうなガーリーな部屋で一人で踊っておいてください。

処女:
一人で踊るなんてつまらないです。
やっぱり幼女が必要です。