Aira Mitsukiのブログを読んでみた・・・

MEGA TRANCE 08(Aira Mitsuki「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9"(DJ U☆Hey? & Red Clavia Remix) 」収録)
そんな時代の空気の中、「未来で生まれたテクノポップアイコン」と名乗るアイドルが現れました。Aira Mitsukiちゃんです。「MEGA TRANCE歌姫オーディション」にて6,325人の中から選ばれた、古典的な表現ですが・・・シンデレラガールです。じゃ、当然トランスやるはずですよね。しかしながら、Airaちゃんはプロデューサーにこう進言したのです。

「わたし、トランスじゃなきゃだめですか?」

「テクノポップしたいんです!!」と言ったかどうかは、僕の妄想的推測ですが、彼女のブログを読んでみると・・・

「エレクトロハウスシーンをこれから盛り上げていきたいと思います~♪」との発言がありますので、つまりエレクトロやハウスミュージックがやりたかったのでしょう。また、シーンの牽引役にもなりたかったのでしょう。ついついブログを読みふけってしまいました。ふむふむ・・・HMVやCiscoにも頻繁に通っている模様です。The Young Punx、capsuleとかについても書いていますね。

この何気ない発言は重要です。現在、歌うアイドルをマッピングしてみると、R&B歌姫系、トランス歌姫系、アキバアイドル系には既に需要過多な傾向にあります。ハロプロ系にも一時の勢いは感じられません。それらに比べると、テクノポップ・アイドルというのはバカでかい市場ではないかもしれませんが、まだまだ成長の余地がありそうです。ロイヤリティーも高そうですから、一人当たりの購入金額も高くなると思います。