Perfumeのテクノポップ宣言

All Aboutでテクノポップのガイドをやっていますと言う時、僕はなんだか恥ずかしいです。別にAll Aboutという部分ではなく、テクノポップの方です。いや、別に恥じているわけではないのです、ただ恥ずかしいのです。

Perfumeが近未来テクノポップという言葉を使って自らを分類したことは、画期的でした。同じアクターズスクール出身(Perfumeは広島ですが・・・)のSPEEDに憧れていたPerfumeの3人というよりも周りにいた大人たちの仕業だと思いますが・・・ インディーズで活動している人たちでテクノポップと自ら名乗る人たちは現在も結構いますが、アイドルとなると80年代でもほとんど居なかったのではないでしょうか? アイドルがロック宣言をしても、テクノポップ宣言をすることは稀なんです。テクノポップという言葉が考案され、30年近い年月が経って、テクノポップがこんな形で再評価されようとは思いませんでした。ここでテクノポップという言葉は、ダフト・パンク以降のテクノポップとして僕は捉えます。テクノポップ≠テクノ、テクノポップ≠クラブミュージックといった認識が以前はありましたが、ダフト・パンクによってこれが覆された功績は大きいです。 

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Destiny Line
FREE FREE
『ポリリズム』での大成功によりいまやメジャーでの認知度も一気にアップしたPerfumeですが、これも含めて、中田ヤスタカ引っ張りだこです。フジTVのドラマ『ライアー・ゲーム』は、歴代TVドラマ・サントラの中でも屈指の出来栄えです。avexに移籍した鈴木亜美の最新シングル『FREE FREE』は、鈴木亜美 joins 中田ヤスタカ(capsule)名義で、和製カイリー・ミノーグ的エレクトロディスコ路線を鮮明に打ち出しています。残念ながら女優に専念してしまった片瀬那奈が本来続けて欲しかった路線です。リア・ディゾンちゃんのデビューアルバム『Destiny Line』では、「恋しよう♪ (yasutaka nakata-capsule mix)」なんていうリミックス仕事までしています。

いつの間にか、時代はテクノポップなのでしょうか?