エレクトリックラヴの由来

——はじめまして。以前インタヴューに登場してもらったnormal pop?の本田勝之さんから「THE ELECTRICK LOVEというグループをご存知でしょうか?曲を聴いたのですが凄まじく良かったです。きっと四方さんも気に入るのではないか・・・」とのメールを頂いたのがきっかけです。normal pop?とはどのようなご縁でお知り合いになったのでしょうか? 確かに相通じる物を感じます。

TECHNO4POPさんのサイトを見ていたら、『pose』のアルバム紹介がありまして、試聴してみたら物凄く良くって。それで、normal pop?さんのブログに書き込んだか、メールしたのだったかがキッカケだったと思います。その後、本田さんからもエレクトリックラヴ(以下TEL)の音を聴いてくださったなどのメールもいただき、その後メールでやりとりし始めたのが最初でした。お互いの音に興味を持って引かれ合った感じですね。

——エレクトリックラヴはELECTRICではなくELECTRICKと綴っているのには、きっと深い意味があるのではないかと思っていま私は考えすぎでしょうか?

ん~、深い意味はそれほどないんですが、パッと見た感じ、普通にelectricだと寂しいかな、と思ったので…(笑) 綴りがちょっと違うだけでも印象が大分変わるので、自分が綺麗だと思う綴りにしました。語尾がtrickだとなんとなく魔法をかけられた気がしませんか?(笑) 私はそういう感覚的なものを大事にするので…。

——さて、エレクトリックラヴ、天野川ランコ、教授田モエコ、南ナツコというお名前から推測するに3人の女性と思えますが、どのように出会って、どういう理由で結成することになったのですか?

出会いですか…。
かなり昔のことなので忘れてしまいました(笑)。スミマセン。実は、教授田モエコと先に別名義でTELの前身となる音楽ユニットをやっていて、南ナツコはその後、新しいメンバーとして加わり、エレクトリックラヴと名前も改めました。具体的な出会いなどは…あまり覚えてないです(笑)。

——教授田モエコさん、はどう読んだらいいのでしょうか? 3人の役割分担は?

教授田は「てらだ」と読みます。「てらだもえこ」ですね。役割分担は、基本的には私、天野川ランコが詞や曲作り、仮トラックも作って、教授田がダメ出しするという、ちょっと変わった作り方ですね(笑)。南ナツコは殆ど何もしません(笑)!でも3人でTELなんです。基本的に表現の根本は私個人のイマジネーションです。