レイ・ハラカミさんのニュー・アルバム『わすれもの』が、5月10日にリリースされます。前作『lust』の際のインタヴューでは「のんびり作り続けたいです。」との発言がありましたが、1年も経っていない新作なので、ちょっと嬉しい誤算であります。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
わすれもの
01. にじぞう____niji-zou (2006) <新曲>
02. あるテーマ__a certain theme (2002~2006) <新バージョン>
03. いとぐち____itoguchi (1998) <未発表曲>
04. まちぶせ____machibuse (1999~2006) <未発表曲>
05. わすれもの__wasuremono (1999~2006) <未発表曲>
06. きえたこい___kietakoi (2005~2006) <未発表曲>
07. おかし_____snack (2000) <未発表曲>
08. おむかえ____robe (2002) <初CD化音源>
09. めばえ_____mebae (1998) <未発表曲>
10. さようなら___bye (1989) <未発表曲>


その誤算の理由とは・・・1曲目の「にじぞう」は新曲でありますが、それ以外は以前に作った未発表曲が中心ですね。ほとんど新曲だと言い張っても、正直者のハラカミさんは、年度もばらしています。一巡、聴いてみると、寄せ集めだからちぐはぐな感じがするのではないかという危惧は、吹っ飛ばしてくれます。やはり、ハラカミ・サウンドというIDがちゃんとあるからなんでしょう。

1曲目も素晴らしいのですが、5曲目のタイトル・トラックでもある「わすれもの」が、ファンキーで、脳内に刻まれます。ボリュームを上げて聴きましょう! しかし、1999年から7年間どのようにしたためられていたんでしょうね、この曲。

ラストの「さようなら」は80年代だから、まだ誰もエレクトロニカなんてタームも使っていなかった頃です。でも、違和感ありません。それ以上にラストを飾る曲としてちゃんと収まっております。

結論・・・やっぱりハラカミ・サウンドは快感です。

All Aboutで掲載したインタヴューです・・・・
レイ・ハラカミさんに伺う

ハラカミさんのBlogです・・・
rei harakami Blog

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。