ポルノスターになりたい

Miss Kittinは、「私はポルノスターになりたい」と歌っていましたが、これはポルノスターによる夢の共演オムニバス『Porn to Rock』(1999年)です。

アメリカを代表するポルノスターと言えば、トレイシー・ローズ。彼女のアルバム『1,000 Fires』(1995年)は、元Thomspon TwinsのBabble、Juno Reactor~KLFのBen WatkinsやJesus JonesのMike Edwardsとかが参加した音的にはちょっと痛いハードコア・テクノ系。


エロチック・キャバレー

ポルノの次は、エロチカの形容詞「エロティック」です。「エロティック」と聞いてピンと来るのは、Soft Cellの『Non-Stop Erotic Cabaret』(1981年)。ジャケはそれほどエロティックでありませんが、マーク・アーモンドの声はとってもエロティック。

以前ドイツの通販サイトでタイトル買いして、見事に外したオムニバス・アルバム『The Erotic Mix』(1993年)。