amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

マドンナ以外にも80年代ヒット曲のリメイクは量産されており、現在のトレンドと言えます。「リメイク」という言葉をつかっているのは、カヴァーだけでなく、リミックスそして元ネタとして使われている場合もあるからです。リメイク曲と共にリメイクされたアーティストの足跡をたどって行きましょう。

コーリー・ハートは、カナダを代表するシンガー。デビュー・アルバム『First Offence』(1983年)に収録の『Sunglasses At Night』で一世を風靡しました。彼のイメージは少しソウルフルなAOR系ポップという感じなのですが、この『Sunglasses At Night』は、キム・カーンズの『Bette Davis Eyes』と並んでシンセが多用されたニューウェイヴ時代の落とし子的作品とも言えるでしょう。

同じカナダのモントリオール出身のDJであるTigaがZyntheriusと組んで生まれたのが、このシングル『Sunglasses At Night』(2001年)です。元々素質があった曲ですが、さらに80年代的エレクトロポップとしてダンサブルに再生させた名リメイク。エレクトロクラッシュ!

ブラス・ロック・バンドとして1969年にデビューしたシカゴの最盛期は、全米1位に輝いた『素直になれなくて』に代表される80年代。ジャケは、ベスト・アルバム『The Very Best Of Chicago』(2002年)です。実は、これをプロデュースしたデヴィッド・フォスターをAirplay時代から僕は好きだったのです。僕の事をAOR系なんか聴かない奴だと思っておられる方もおられるかも知れませんが、デヴィッド・フォスターは別格だと思います。あまりにも巧みなサウンド・プロダクションには魅せられました。いいAORもあれば、悪いAORもある。

ドイツのAquagenのシングル『素直になれなくて』(2002年)です。カヴァーというより、ピーター・セテラのヴォーカルをそのまま使っているトランス・リメイクです。AORとトランスと言うのは、意外と近い距離にあるのかもしれないと思わせてくれる目から鱗的作品です。

調べてみると、Aquagenの前にスイス出身のDJ BOBOが2001年に『素直になれなくて』のリメイクをしていました。彼のプロフィールを見てみると、好きなシンガーはフィル・コリンズ、好きなバンドはバックストリート・ボーイズとN-Syncとあり、庶民的なDJのようです。