イギリスだけじゃなく、フランスやイタリアの80年代を聴きたいお洒落な貴方には...

『Club 80's』(2001年)は、Lio、Jacno、Indocineといったフレンチ系ニューヴェイヴからダンスポップが堪能できる2枚組みオムニバス。

『Club 80's 2』(2001年)は、12インチ・シングルで構成された上の続編。

イタリア・ヴァージョンの『Club 80's Italia』(2001年)もリリースされています。イタリアだけあって、イタロディスコ系が多いです。分かりやすいところでは、ガゼボ、僕のお勧めは、マイナー・エレポップの隠し玉、Righeira。

古い80年代だけでなく、今を感じさせる80年代が聴きたい貴方に...

80年代オムニバスの中でも、その企画度の高さから一押しするのが、ドイツ産の『DIE 80ER SHOW』(2002年)です。1枚目のCDはヨーロッパでもヒット中の80年代カヴァー中心で構成し、2枚目のCDはオリジナルの80年代ヒット曲集。カヴァーとオリジナルで曲を統一してくれると、完璧な企画となるのですけどね。

80年代ブームに便乗して、シリーズ化を予定しています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。