セクシーな挑発というのも、立派なマーケティングです。特に音楽業界では、放送禁止、ジャケ差し替えなど自体が、そのレコードの認知度を高める手段ともなる。保守派の反応を予測した確信犯であることも多いと思うのは考えすぎか?

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

セクシー・ジャケを巧みに利用したグループと言えば、オハイオ・プレイヤーズとロキシー・ミュージック。デビュー・アルバム『Roxy Music』(1972年)は、グラムロックからモダンポップへの架け橋となる。

セカンド・アルバム『For Your Pleasure』(1973年)では、アマンダ・レアを起用した。話題作りに狡猾です。ブライアン・フェリーと元阪神タイガース村山監督が似ていると思っているのは、僕だけではないはず。

アマンダ・レアというのは、中華風テクノ・ディスコ『Queen Of Chinatown』のヒットを飛ばしたニューハーフ・シンガーです。アルバム『Amanda'98』(1998年)には、この曲のリメイクや他のリミックスが収録されています。アマンダのシングルにはもっとセクシーなのがあります(持っていません)。

ブライアン・イーノが脱退して、ブライアン・フェリーのダンディズム色に染まったサード・アルバム『Stranded』(1973年)です。マリリン・コールというモデルさんです。さらにセクシー度アップ。余談ですが、スウェーデンにStrandedというニューウェイヴ系レーベルがあります。