『 カフェ・レストラン≪MOTOWN CAFE YOKOHAMA≫ 』

 JR横浜駅西口を降り、相鉄ジョイナスを通り抜け、メインストリートを徒歩約5分。
 ショッピング・モールも終わりに近づいた十字路の右手前方に、一軒のゲーム・センターがそびえ立ち、その4階~6階が目的の『MOTOWN CAFE YOKOHAMA』。


(入り口風景)
 一階はゲームセンターと兼用になっています。
 ここかなと思ったら上を見てみましょう。 
 エレベーターで4階へ上がり、ライヴ・ショーのレプリカ・ポスターが配列された、さながらアメリカのライヴ・ハウスを模した通路を抜けるとそこがメイン・エントランス。


 (入り口通路)
 早くもアメリカ気分を満喫。
 


 店内中央部にレイアウトされたテーブルの周りには、このお店の特徴でもあるレコード・レーベル≪MOTOWN≫に由来するアーティスト・グッズが装飾され、レストランでもあり、クラブでもあり、博物館のようでもあり……。

  

(店内を飾るオブジェ)
 ゴールドディスクや、アーティストの衣装などが飾られている。
 

 もちろん店内のムードを高めるBGMは、往年のモータウン・サウンドのオンパレード。
 
 その他、店内にはビデオ・モニターも設置され、ごく最近のアーティストのPVを楽しむ事も。



 店内を軽く一周した後、席に腰を下ろし「では、軽く一杯!!」と思った直後、店員さんから渡されるのは1枚のレコード・ジャケット。「これは何????」と思い、そのジャケットを開いてみると、それがこのお店のメニュー表。メニューひとつにも細かいこだわり、ニクイ演出です。
 
(メニュー表)
 これがメニュー表。
 写真には有りませんが、通常レコード・ホルダーとなっている所にはドリンク・メニューが挟まっておりました。


 さて食事も届き、ほっと一息...と思った途端、またまた心躍る楽しい演出が!店内アナウンスが響き、メイン・ステージが幕を開け、専属アーティストによる”ショー・タイム”の始まりです。
 シュープリームスなどの有名ヒット曲の生演奏に、客席は一気にヒートアップ。 店内が一体化する瞬間です。
 
 また、管理人が来店した際にはショーと同時にその日に誕生日を迎えるお客様への<バースデイ・コール>もアナウンス、大盛り上がり大会となる場面も。



(次ページに続く)