マレーシアの手仕事が光る工芸品

お手頃なアジアン雑貨に比べるとやや値は張りますが、マレーシアが誇る工芸品の数々は、そのディテールに手仕事の技が光ります。旅の思い出として自分へのお土産に、また大切な人へのギフトとしておすすめです。今回は、中でも使い勝手のよいアイテムを選びました。

工芸品1 ピューターのインテリアグッズ

フォトフレームは定番人気。110リンギットくらいから見つかります

フォトフレームは定番人気。110リンギットくらいから見つかります

風水をかたどったペンダントは1つ100リンギット

風水をかたどったペンダントは1つ100リンギット

マレー半島で産出されるスズを原料とした合金、ピューター。ピューターを使用したアイテムは、錆びにくく手入れも簡単です。やや値段は張りますが、マレーシア旅行の思い出に、また家族へのギフトにいかがでしょう。いくつかあるピューターブランドの中でも、高い品質を誇るのがRoyal Selangor(ロイヤル・セランゴール)。カップなどのキッチン用品や、アクセサリー、インテリア用品などバリエーションも色々です。シンプルな写真立ては、誰にでも喜ばれること間違いなし! 新作(2009年12月現在)では風水をかたどったペンダントが人気のようです。

<DATA>
Royal Selangor Starhill
ロイヤル・セランゴール スターヒルギャラリー店)
住所:Starhill Gallery 181, Jalan Bukit Bintang(スターヒルギャラリー内1階),  Kuala Lumpur 
TEL :(03)2144-5282 
営業時間:10:00~ その他の支店はこちらから

 

工芸品2 ババ・ニョニャのテーブルウェア

手前のポットで約190リンギット。色合いが可愛らしい

手前のポットで約190リンギット。色合いが可愛らしい

多民族国家・マレーシアならではのお土産がこちら。マラッカや、ペナン島に多く残る文化の一つにババ・ニョニャ文化があります。マレーと中国の文化が混ざり合って生み出された独特な文化です。繊細なビーズ刺繍をほどこしたクバヤ(ブラウス)やサンダルなども代表的なババ・ニョニャ文化ですが、おすすめなのはテーブルウェア。絵柄はいかにも中国らしいモチーフだけれど、色彩はキュートなパステル調というミックス感覚が特徴です。街にある中華系の雑貨店で手に入ります。特によく見かけるのがマラッカ。いわゆるアンティークは高価なので、手頃なレプリカを狙いましょう。

クアラルンプール市内では、やはりCentral Market(セントラルマーケット)内にレプリカを扱う店が何軒かあります。