ジェロが歌うジャパニーズソウル

海雪
ジェロ 『海雪』
タイトル曲は作詞:秋元康、作曲:宇崎竜童という豪華タッグの手によるもの
史上初の黒人演歌歌手として話題のジェロは1981年生まれ。

新人演歌歌手の営業の基本である「レコード店巡り」を地道に続けている頃かと思いきや、早々にブレイクしてその活動の規模を日に日に大きくしているようです。

HIP HOPなファッションに身を包んでいるものの、優等生的な受け答えや優しげな眼差しには思わず「ご飯食べてるの?」と訊きたくなるようなチャームがあります。これは演歌の元々のユーザー層であるオバサマ達にはたまらないものがあるでしょう。

そして歌は「演歌」そのもの。BLUESとはまた違う湿り気を歌に滲ませていく力は、ただ日本語を話すことが出来るというレベルを大きく越えたものです。

間奏でダンスをビシッと決めて、歌が始まるとまた演歌の世界にすっと戻る、このギャップも素敵。音を消して見たら演歌だと思う人はいないでしょう。テレビ映えもするのでまさにひっぱりだこの様相です(3月31日には『徹子の部屋』に出てました)。

シングルのカップリング曲「東西南北ひとり旅」はベテラン漫才トリオ レツゴー三匹(レツゴー三匹は誤り)の隠れた名曲だそう。デビュー前に出場した『NHKのど自慢』で坂本冬美の「夜桜お七」※を歌い合格したという逸話もあるので、彼をフィルターにして演歌のあれこれを知る方もこれからどんどん増えていきそうですね!

※ 坂本冬美の「夜桜お七」
筆者の知る限り最も"ROCKな"演歌。主人公の情念を歌に出来るかがカギとなる難易度高の楽曲には中森明菜やキンモクセイが挑戦している
中森明菜 『艶華-Enka-』 / キンモクセイ 『さくら』


→次のページ は "B"すぎる「黒人天才」


【関連リンク】
  • JERO/ジェロ
    オフィシャル・サイト。その非凡なプロフィールはコチラで知ることが出来ます。シングル収録曲2曲の試聴や「海雪」のPV視聴も有り
  • All About WEEKENDER 「“マルチの男”秋元康の才」
    "休みの日くらい、リラックス" All About WEEKENDERの秋元康特集(2007年11月)