コストはかかるが、億万長者を夢見てチャレンジしてみるのもいいかも?

以前の記事にて紹介していた宝くじ購入方の「縦バラ」の時も「そんな買い方が有ったなんて知らなかったぁ。今度ぜひ試してみます!」と沢山の方からメール頂きましたが、あの縦バラに更にもっとすごい「千バラ」という購入方をご紹介します。

「縦バラ」なら、30枚の購入で済みましたが、この「千バラ」は、名前のとおり1000枚買わないといけませんので、そうそう誰でもが簡単に買えるものでは無いんですが、最近では共同購入グループ買いを楽しむ方々も増えてきましたので、もしも1000枚以上買えるという方は、機会があれば試してみませんか?

購入枚数が増える事で、当せんの確率が上がることはもちろんですが、ドリームジャンボ宝くじの場合、1000通りの全てちがう番号のバラの組み合わせによって、300円が100枚当るのはもちろんですが、3千円が10枚と1万円が3枚の合計9万円は最低でも当ることになりますから、三割は戻ってくるなら21万円賭けて億万長者を夢見てチャレンジしてみるのもいいかも?

ドリームジャンボの1等は、1ユニット(30億円)一千万枚中1本の当りということで、この「千バラ」で購入する事ができた方は、10000分の1の確率で1等を狙えるということは、1等前後賞もしくは2等となれば2000分の1の確率で高額当せんを狙えるんです。

100万円以上と更に幅を広げればもっと確率が高くなるのです。そう聞くとなんだか1等にすごく近づいた気がするのは私だけでは無い筈。こんな無茶(?)ができる方は、一度くらいはチャレンジしてみる価値は大です。

しかし、この「千バラ」ですが、取扱販売枚数の多い人気店しか準備していないと言うより、人気の売場だから準備できる特別なバラの組み合わせ。限られた一部の売場でしか準備できない可能性が高いですが、全国5大都市の行列のできる宝くじ売り場でなら取扱っている可能性もありますから、是非、売場へ並んで、「千バラ」でって言って購入してみてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。