日高のウニは今が旬!

夏の印象が強い北海道のウニですが、日高エリアの春はウニ漁の最盛期。あの”日高昆布”を食べて育ったバフンウニは、甘みの濃い良品が多いんです。初夏の産卵を控え、身入りもいい時期。
今年のゴールデンウィークはおいしいウニを求め、日高路をドライブしてみませんか?

おすすめお店はこちら

和食海鮮 金水

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/0/3/9/4/u1.jpg
▲金水の地物のウニ丼。ご飯を炊く際にも日高昆布を使用

仲買人の資格を持つ鮮魚店が直営する味処。普通バフンウニは小粒が多いのですが、ご主人が目利きしたウニは身入りが良いので、ふっくら大粒。自家精米したご飯の上に、剥きたてをたっぷり盛ったウニ丼は2500円也。昆布漁師でもあるご主人が選った、上質な日高昆布で贅沢にダシを取る季節のあら汁、小鉢付きという良心的な価格も嬉しい! このほか、14~15種類の前浜のネタがどーんとのった海鮮丼もおすすめですよ。

*漁や天候で仕入れがない日もあるので、事前に確認して出かけてください。

【DATA】浦河町堺町西2-1-9 |TEL0146-22-3232
【関連時期】金水の海鮮丼記事(From:読売新聞)



■大衆割烹 かど天
地物の素材を大切にする味処。浦河漁協の荻伏支所から無菌塩水ウニを直接仕入れ、ウニ丼で提供。ご飯は農家直送の道産米ななつぼしをふっくら炊き上げています。また、旬の地素材を楽しめるおまかせ料理2000円~もぜひ。*漁や天候で仕入れがない日もあるので、事前に確認して出かけてください。

【DATA】浦河町堺町東1-7-9 |TEL0146-22-5758



■いさみ寿し
えりも町にある寿司処。ダイバーでもあり、ハンターでもあるご主人は、えりもの山海を知り尽くした達人。生簀から取り出したウニを剥きたてで提供。また、えりもはツブ貝の名産地。コリコリの食感と磯の風味も、あわせて楽しんで! *漁や天候で仕入れがない日もあるので、事前に確認して出かけてください。

【DATA】えりも町本町863 | TEL01466-2-3141