クアラルンプールの1日観光プラン

首都クアラルンプールは、マレーシアの魅力を凝縮した街。そんなクアラルンプールを一日で味わい尽くしてしまおう!という贅沢なツアープランをご紹介します。

日差しの強いマレーシアでは欠かせないサングラス、突然の雨に備えて折り畳み傘、モール内などの冷房対策に羽織もの、タクシーや電車賃用に小銭、そしてティッシュペーパー(あればウェットタイプも)の5つが、観光の際の必需品!

観光の際の必須5アイテムに加え、ティッシュペーパーやウェットティッシュもあると便利です

公共交通機関が、決して発達しているとは言えないクアラルンプール。一日で主要スポットを巡るプランの場合は、効率のよいエリア間の移動がポイントになります。こちらでは、その点にもこだわっていますのでご安心を! 日差しの強いマレーシアでは欠かせないサングラス、突然の雨にそなえた折りたたみ傘、モール内などの冷房対策に羽織もの、タクシーや電車賃用の小銭。以上、クアラルンプール観光の際の必須5アイテムをお忘れなく。それでは早速出発しましょう!

※2009年12月2日現在 1リンギットマレーシア(以下リンギット)=約26円
※電話番号はすべて市外局番から掲載しています。日本からマレーシアへかける場合は、60(国番号)+市外局番の0を省略した番号 の順にダイヤルしてください

 

9:00 肉骨茶(バクテー)で一日をスタート

地元の人たちに混じっての朝ご飯。マレーシア気分がぐんと高まります

地元の人たちに混じっての朝ご飯。マレーシア気分がぐんと高まります

ちょっぴり駆け足になりそうな、今日のツアープラン。まずは朝食をしっかりとってパワーチャージしましょう。クアラルンプールに住んでいて、いつも驚かされるのが中国系の人々のパワフルさです。とにかくよく動き、よく喋る! その溢れるエネルギーの源はやはり「食」にあり。

ぐつぐつと煮込んだ豚スペアリブは、とても柔らか。ご飯にかけてお茶漬け感覚で頂きます

ご飯にかけてお茶漬け感覚で頂きます

ということで、そもそもは中華系の人々の朝ご飯であった肉骨茶(バクテー)を頂きに、新峰肉骨茶(Sun Hong Muk Koot Tea)へ向かいます。新峰肉骨茶は、クアラルンプールで最も古い肉骨茶レストランで、地元の人々も足繁く通う名店。初挑戦の場合は、シンプルなオリジナル肉骨茶(14リンギット)がおすすめです。豚肉スペアリブ、マッシュルームや白菜といった野菜を、漢方ベースのスープでぐつぐつと煮込んだものが肉骨茶。「朝からスペアリブ?」と驚くなかれ。脂っこさはほとんどありません。また、独特な漢方の風味もあくまでさりげなく、全体的にあっさりとした味付けが新峰肉骨茶の特徴。食べているうちに、体の中からぽかぽか。これぞ肉骨茶効果です。

さあ、観光開始です。次のエリアまではタクシーを利用しましょう。

<DATA>
■新峰肉骨茶(Sun Hong Muk Koot Tea)
住所:35, 37, 39 & 41 Medan  Imbi
TEL:(03)2141-4064
営業時間:5:00~24:00 無休