華やかなセレブファッションはアカデミー賞でも注目の的。セレブのライフスタイルを研究して、気持ちだけでも憧れのセレブに近づくのはいかが?

セレブ的外見の磨き方

デンジャラス・ビューティ2の画像
セレブトレーニングが見どころのデンジャラス・ビューティ2
お金があっても、地位があっても、憧れのセレブになるのは難しいもの。ちょっとした失敗で、騒がせセレブのレッテルが貼られてしまうかもしれません。

ファッションセンスから、身だしなみ、立ち居振る舞い、交際術まで完璧を目指すのが、憧れのセレブの第一条件。でも、それは簡単ではありません。

セレブらしい外見を磨くヒントになる映画が、『デンジャラス・ビューティ2』。FBIの男勝りの捜査官グレイシー・ハートが、PR専門になるために、プロのアドバイザーの指示を受け、女らしく美しいセレブへ変化を遂げていきます。

自分の外見を磨くのに一番簡単な方法が、プロのアドバイスを受けること。ファッションでも、人間関係でも、自分だけの力でセレブなりの外見レベルまで引き上げるには時間がかかります。

セレブ的内面の磨き方

プリティ・プリンセスの画像
普通の女の子が、突然プリンセスになっちゃう、プリティ・プリンセス。
外見以上に大切なのが、セレブ的内面を併せ持つこと。外面だけ磨いていたら、お騒がせセレブとして失笑をかってしまいます。

映画スターなどの有名人は、欲しいもののほとんどを、タダで手に入れることだって可能。きらびやかなドレスも宝石も、庶民に手が届かないものでも簡単に手にできる上、ちやほやされどうし。よほど自己コントロールできないと、つぶれてしまいます。

いつもにこやかにファンに対することも仕事のひとつですが、ごく自然に振舞うには、プロ意識が必要。日頃から自分を大切にして、自分なりに内面を鍛えているのではないでしょうか?

アンジェリーナ・ジョリーが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使も務めているのは有名ですが、社会的な影響力も持つセレブの活動はセレブ外交と呼ばれるほど注目を集めます。知られていなくても、地道に慈善活動や社会的活動を続けているセレブも多いのが事実。

ヨーロッパでは昔から、高貴なる義務(ノーブル・オブリゲーション)というあり方が伝えられていますが、セレブの活動は、同じような性格があるのかもしれません。

セレブ的内面の鍛え方は、自分だけでなく他の人のためにも心を砕くことにあるのではないでしょうか? 人のために優しさを持てば持つほど、自分自身も光り輝くのが、セレブ的あり方。それに近づくのは、そんなに難しくないような気がしますが、いかがでしょうか?

【関連記事】
激モテ指南★ドリュー・バリモア人生術
ジェニファー・ガーナー来日 タフでも愛される秘訣

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。