第79回のアカデミー賞作品賞の栄冠は、マーティン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』に決まり、今年のアカデミー賞も幕を閉じました。残念ながら、『バベル』で、助演女優賞にノミネートされていた菊池凛子さんも、受賞ならず。どうしてこうなったの?と、疑問だらけの私たちのために、来年のオスカー受賞を95%の確率で当てる方法を考えてみました。

アカデミー賞を選ぶ人は誰?

ロード・オブ・ザ・キング王の帰還の画像
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還は、人気ファンタジー映画で唯一作品賞に選ばれた映画。
アカデミー賞は、映画芸術科学アカデミー会員の約6000人の投票によって決まります。会員は、俳優、監督、製作者などの映画関係者。そして特に多いのが、俳優と言われています。ですから、俳優の意向も大きくなりがちなのです。

最近は俳優出身の監督作品が話題に上がることも多いのですが、よっぽどでないと受賞できません。昨年はジョージ・クルーニー監督の『グッドナイト・グッドラック』が、6部門ノミネートはされましたが、受賞はありませんでした。今年も、エミリオ・エステベス監督の『ボビー』は世界的に評価も高かったのにもかかわらず、ノミネートされませんでした。

レオナルド・ディカプリオのように、何度ノミネートされても、受賞できないケースもあります。以前なら、アル・パチーノやポール・ニューマンも何度ノミネートされてもなかなか受賞できませんでした。アル・パチーノは6度目で、ポール・ニューマンは7度目のノミネートでやっと主演賞を受賞できたのです。

若い人気者は、なかなか受賞できないのです。そういうところは、甘くありません。今回助演男優賞にノミネートされていた『ドリームガールズ』のエディ・マーフィが、確実視されていながら取れなかったのも、お金を稼ぐ人気者のイメージが強かったのだと思います。『幸せのちから』で、主演男優賞にノミネートされていたウィル・スミスも、そういう意味では、難しかったでしょう。

選ばれる作品も、会員の年齢層が高いため、若い人向けのアクションや、ファンタジーはノミネートの対象外になりがち。ファンタジー映画で作品賞を受賞した作品は、『ロード・オブ・ザ・キング/王の帰還』のみです。

アカデミー賞ノミネート作品選出は、本選とは違う?

ディパーテッドの画像
第79回アカデミー賞作品賞・監督賞受賞作『ディパーテッド』(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
アカデミー賞というと、人気よりも、芸術性や作品としての完成度が高い作品が選ばれるように見えますが、ノミネート作と、実際の受賞作では、選ばれる手順に違いがあることは、注目です。

ノミネート作品が選ばれる段階では、各部門関連のアカデミー会員だけが投票し、決まります。つまり、作品賞のノミネート作品を選ぶのは、プロデューサーのアカデミー会員、監督賞のノミネート作を選ぶのは、監督のアカデミー会員、俳優部門賞は、俳優のアカデミー会員というように。プロの視点で、作品がふるいにかけられるわけです。

ノミネート作の中から選ばれるアカデミー賞は、すべての部門が、全会員の投票によって行われます。その時点で、プロ的視点から、一般的視点に変わるのです。

昨年は、大本命の『ブロークバック・マウンテン』が、『クラッシュ』に敗れる波乱がありました。専門的に見て優れた作品というより、一般受けのいい作品が支持されたのかもしれませんね。

次ページでは作品賞と監督賞の選ばれ方について