そもそも「タイアップ」って何のこと?

画像の代替テキスト
タイアップの歌謡史 (新書y) 速水健朗 (著)
※もう一つのタイアップについて知りたい方には、こちらをお勧め。さまざまな媒体と手を組み名曲を生み出してきた歴史がまとめられています。
「タイアップ」ってご存知ですか? テレビで頻繁に耳にするので理解してるつもりになってても、正確なところとなると戸惑ってしまうのでは。

辞書には「協力・提携して行うこと」と簡潔に記されてますが、テレビ等で聞くタイアップは大きく分けて2つですね。一つはCMソングやドラマ主題歌などに起用される楽曲。そしてもう1つは、番組制作に協力することで、商品および企業をアピールしてもらうこと。

今回は後者のタイアップを取り上げ、番組本編の中で取り上げられることで、CM以上の効果を挙げている現状について考えてみたいと思います。

アイデア次第で魅力度アップ

長引く不況に加えて、過激な演出を嫌う激しい規制が課せられるようになったことで、バラエティの傾向は明らかに変わってきました。以前はお笑い芸人がメインであれば、体を張った過激なコーナーが多く、セット等にもかなりの予算を掛けてました。

それが最近では、出演者の大半がお笑い芸人であっても、終始椅子に座ったままで番組が進行するものが増えてきたようです。もちろん、それで充分成立するのは、芸人全体のスキルが向上したことがあるんですが。

それにともなって増えてきたのが、笑いながら楽しめる情報バラエティ。この手の番組は以前からあったものの、芸人主導のものは、スタジオトークはもちろん、取材VTRの端々にも遊びが凝らされてるのが人気の要因。そのVTR作りに多大な貢献をしているのが「タイアップ」なんです。

情報バラエティとタイアップの関係って?