日本中を驚かせた突然の訃報

 
博識と風刺の人でした(写真は「はらたいらのまんが川柳」)
本名・原平(はら・たいら)。1943年3月に高知県で生まれる。幼少期をガキ大将として過ごしながらも、中学生時代に結核を患うなどの暗い一面も持っていた。高校卒業後に上京し、漫画家として正式にデビュー。代表作「モンローちゃん」をはじめ、時評漫画で人気を獲得する。人気テレビ番組「クイズダービー」に出演し、国民的人気者となる。

さる11月11日、漫画家・はらたいらさんの訃報が、日本中を駆け巡りました。63歳の若さと言うこともあり、各マスコミでも大きく扱われましたが、それ以上に大騒動が巻き起こったのが、様々なブログ、掲示板などのウェブ上でした。

その膨大な書き込みの中に、追悼の言葉と一緒に必ずと言っていいほど記されていたフレーズが「はらたいらさんに全部(あるいは3千点)」でした。そう、驚異的な正解率を誇る解答者として長く出演していた「クイズダービー」の印象を、誰もが持ち続けていたのです。


意外に忘れてる「伝説の番組」



それほど、多くの人々の心に残ってるクイズダービーですが、実は誰もが覚えているつもりでいながら、以外に記憶から抜け落ちてるようですね。例えば、レギュラー回答者の篠沢秀夫、竹下景子、そして、はらたいらの3人は覚えていても、そのほかのレギュラーはと聞かれると、首をひねってしまうのでは。

加えて、上記の3人が最初からのレギュラーじゃなかったことも、すっかり忘れてしまってる人が意外に多いようです。ということで今回は、伝説の人気番組「クイズダービー」を振り返ってみたいと思います。

放送開始は、今から30年前!!