「宝塚ファン」ではメールマガジンのバックナンバーを公開していません。また申し訳ありませんが、再発行もできません。ですので不定期に、バックナンバーを少しずつご紹介いたします。

【25号 2001年8月31日発行】

久しぶりに行ってみよう! 宝塚テキWord第4弾! 題して「ラッキーヒール」の巻。

ラッキーヒールは男役さん限定商品。男役だけが使う。これは舞台用の靴の中に入れる板。形は……大きな三角チーズを坂道にしたような。(この表現ってどうよ?イイ?わかんない?…)これを靴の中に入れるとあ~ら不思議。おわかりですよね?

そう、背はより高くなり、足はより長く見える。ラッキーヒールを入れられる靴は限られている。短靴(わからない方はダッシュで用語集へ!)、ブーツあたりかな? ダンスシューズやサンダルのような靴には入れられない。

男役さんは娘役より背は高いけど、それでももっと高く見せたいと思う。足ももっと長く見せたいと思う。よりかっこよく見せたいと思うのが男役の美学。

これ、男役全員が使っているわけではない。「もう少し背を高くみせたいなぁ…」と思う人だけが使っている。「じゃあ、身長何センチ以下の人が使ってるの?」「○○さんは、使ってるの?」……そんなこと、私に聞かないで……。

私が尊敬するのは“あんなものを靴の中に入れて踊ったり、階段を下りたり、娘役をリフトしちゃう”ところ。娘役を“お姫様抱っこ”しちゃう人もいるかもしれない。常識で考えてみよう。前に“つんのめっている状態”よ。娘役のヒールもたいがいだが、これもたいがい。

えらい! ファンの方にかっこいい男役を見せようと苦労している男役はえらい!腰に負担もあるかもしれないが、なんとか頑張ってくれ!

そしてまた今頃気づいた。ラッキーヒールの“ラッキー”は“ラッキー”? それとも“ラッキィ”?“ラッキー”だとして、なんで“ラッキー”? それって何よ? どーゆう意味? シアワセ?……うっそぉ!