【バレエ】

クラシックバレエの基本を取り入れた振りを、曲に合わせて踊ります。
まず本科生(2名ほど)が見本を踊り、その後バレエの先生が少しずつ振り付けをします。

それを全員で——人数を分けて——など何度か練習して、本番は2人ずつ。斜め前で本科生も踊ってくれます。


【面接】

紙に書いてある事柄について、また試験官に聞かれた事柄について答えます。一次試験、二次試験、最終面接によって質疑応答の内容は変わります。


【試験を受ける際の服装】
黒のレオタード(七分袖)
ピンクのバレエ用タイツ(フーター)
バレエシューズ
※面接ではタイツを脱ぎます。最終面接は私服。


【髪型】
額の生え際と耳を隠さない。前髪の長い人はピンで留める。
長い人はおだんごか三つ編みにする。
リボンなどは付けない。