誠の旗の下に
誠の旗の下に

いよいよ大詰めの大河ドラマ『新選組!』

放送終了後に総集編が放送されるのは大河ドラマの定番パターンです。しかし『新選組!』では総集編以外にも第33回「友の死」が12月30日に再放送されることが発表されました。

「友の死」は総長・山南敬助(堺雅人)が新選組に自分の居場所がなくなったと感じ脱走、そして隊のことを考えて捕まり切腹するという、芹沢鴨(佐藤浩市)の死んだ第25回「新選組誕生」と並び『新選組!』のターニングポイントとなった回です。

反響が大きく再放送希望も多数、芸術祭参加のためのハイビジョン放送に続きNHK総合でも再放送となりました。

その好評をささえたのは常に微笑んでいるが眼差しはするどい堺雅人の演技です。堺雅人は早稲田大学演劇研究会から92年に劇団「東京オレンジ」旗揚げに参加し、中心メンバーとして活動。一般に知られるようになったのは、朝ドラ『オードリー』の杉本英記役からです。


正体は小劇場系俳優

『オードリー』では「惑星ピスタチオ」出身の佐々木蔵之介も注目されるなどNHKドラマは小劇場系俳優がメジャーになるきっかけになりやすいのですが、『新選組!』は脚本の三谷幸喜が劇団「東京サンシャインボーイズ」を主宰(現在は休止中)していることもあり、特に小劇場系俳優の活躍が目立ちます。

『新選組!』キャストのうち主な小劇場系の俳優を次ページの表にまとめました。