両面印刷対応や書類印刷が魅力
キヤノン「PIXUS」シリーズ

使い勝手もよいが、デザイン性の高さにも注目したいのが、キヤノン「PIXUS」シリーズ

使い勝手もよいが、デザイン性の高さにも注目したいのが、キヤノン「PIXUS」シリーズ

キヤノン「PIXUS」シリーズの2012年秋モデルは、基本性能こそ2011年モデルを継承しているものの、コンパクトでスリムになったのが大きな特徴だ。

今回の注目は「デザイン」だ。上位モデルの「MG6330」はブラックを基調にした「ブラック」「ブルー」「グリーン」「パープル」のほか、ホワイトを含めた5色を用意。インテリアに合わせてカラーを選べる。

上位モデルの「MG6330」は新たにタッチパネルを採用。迷わずに使える「インテリジェントタッチシステム」がさらに進化している。液晶パネルは静電容量式を採用しているので、指の腹を使ってなぞるようなスワイプ操作もしやすい。

PIXUSシリーズならではの魅力は、書類印刷時のにじみが少ない点だ。全モデルで顔料ブラックインクを採用しており、MG6330/5430は染料ブラックと顔料ブラックの「W黒(ダブクロ)」を採用。MG6330はグレーインクも含めた6色インクを採用している。写真印刷には染料、文書印刷時には顔料と使い分けることで「写真印刷にも書類印刷にも強い」のがPIXUSシリーズの強みとなっている。

MG4230以上の6モデルが搭載している自動両面印刷機能(MG4230ははがきの自動両面印刷には非対応)も大きな魅力だろう。A4書類はもちろんのこと、はがきに利用すればメッセージ面と宛名面の両方を一気に印刷でき、年賀状印刷に威力を発揮する。

MG6330とMG5430は前面2段給紙を採用しており、エプソンColorioシリーズと同様にスマートな設置ができる。

LAN機能はMG6330からMG3230まで4モデルすべてが内蔵しており、MG6330は有線にも対応する。BD/DVD/CDラベル印刷機能もMG6330とMG5430の上位2モデルが対応している。

スキャナ機能は、2011年秋モデルまで最上位モデルのMG8230だけがCCDを搭載しており、フィルムスキャンにも対応していた。だが2012年秋モデルは高画質スキャンが可能なCCD搭載モデルがなくなってしまったのが残念なところだ。


クラウド上の写真やデータを印刷する「PIXUSクラウドリンク」も引き続き搭載

MG6330/MG5430/MG4230は「PIXUSクラウドリンク」にも対応している。インターネット経由で写真共有サイトのオンラインアルバムの写真を印刷したり、ネットから定型フォームのダウンロードができるというもの。「Google Cloud Print」に対応したWebサービスから直接プリントすることも可能だ。

MG6330/MG3230までの4機種すべてがiPhone/iPod touch/iPadやAndroid端末からワイヤレスで写真印刷できる「スマフォプリ」に対応(無線LAN環境が必要)。写真を印刷できるだけでなく、PIXUSでスキャンしたデータ(PDFまたはJPEG)をスマートフォンで受け取ることも可能だ。スマートフォンに保存したPDFデータをワイヤレスで印刷することもできる。

次のページで、いまおすすめのキヤノンのプリンタをご紹介しよう。