牛
今年モーよろしくお願いします!
あけましておめでとうございます。食育ガイドサイトの2009年最初の記事は、干支にちなんで牛、牛、牛と「牛肉」についてのお話でスタートです!

みなさん、牛肉はどんな食べ方が好きですか? ステーキ? しゃぶしゃぶ? それとも焼肉でしょうか? 私はメガバーガー流行の影響か、最近はお肉をミンチするところから作るハンバーグにはまっています。

最近では、牛肉のあぶりやお寿司など、生で牛肉を食べる機会も増えていますよね。牛肉はお肉自体の美味しさに加えて、世界中のセレブを虜にしている神戸牛(英語ではKobe beef)のように脂にも旨味があります。お米の上や口の中でほんのり溶ける脂の甘さもまた魅力のひとつですね。

トリビア1:牛肉は昔、薬だった!?

昔、僕は薬だったんだ……
さて、そんな美味しさ満点の牛肉ですが、昔は薬屋さんに置いてあったんです。時は江戸、徳川将軍の3代~5代にかけて屠畜(とちく:食肉用の家畜を殺すこと)禁止令や生類憐みの令が出されたことによって、牛馬の食肉解体が禁止されました。そして、自動的にこれらのお肉を食べることも難しい状態になりました。

ところが、彦根藩では牛の屠畜が黙殺されていたそう。さらにはお医者様による「肉食」が推進されていたこともあり、牛肉を味噌漬けや干し肉に加工して、薬として食べる「薬喰い」という食べ方が考案されていたのだそう。当時の将軍への献上品にもなっていたというから、禁止令も「薬」という名前の前では特例を設けるということでしょうか? ちなみにこれらのお肉は庶民が口にすることも可能で、病院に常備された保存食だったとのことです。