ベビービョルンが世界の良質な育児を席巻する

ベビービョルンと聞いて、熊のマークが浮かぶ方は多いでしょう。ビョルンとは、スウェーデン語で「熊」を意味する言葉。すなわち「赤ちゃん熊」を意味するベビービョルン社は、ビョルン・ヤコブソン、リリモア・ヤコブソン夫妻によって1961年に設立されて以来(現在の社名は1963年から)、日本でも広く売れているベビーキャリア(抱っこひも)やプラスティックスタイ(食事用スタイ)など、ベビー用品の世界に「良い製品」「良いデザイン」を提供し続けてきました。

ベビービョルン社の最初の商品は何か、おわかりになりますか? 実はバウンサーです。ビョルン氏がアメリカへ研修旅行に行ったときに持ち帰ったものが、その原型となりました。それがヒット商品となり、ベビービョルン社はテキスタイル(布)を用いた製品以外にも、ステップやオマルなどのプラスティック製品を開発、次々とヒットさせていきます。

ベビービョルン ベビーキャリア
ベビービョルン社のあまりにも有名な前抱き抱っこひも、ベビーキャリア
そして70年代、ついにベビーキャリアが登場。既にスウェーデン国内のほとんどのシェアを獲得していた同社は徐々に市場を国外へと広め、現在では世界33カ国で発売され、好評を博しています。その売り上げ一位は米国、そして日本は何と堂々二位。

ガイド自身も、自分の子育てでベビービョルン製品を愛し、様々な製品を使ってきたのですが、確かにこの10年ちょっとで、街中でベビービョルンの前抱き抱っこひも(ベビーキャリア)を見かけることが急激に増えました。


特に実感するのは、ベビーキャリアをカッコよく身につけ、ベビーを胸に提げて(?)歩くパパたちの出現。「いかにも子育てを手伝ってます」という風ではない、さりげなくオシャレな子育てパパの姿に、ガイドは「ベビービョルン使ってるパパ達って、2割増しカッコよく見えるなぁ」などと、男性のベビービョルン姿にかなり萌え~。

深井さんと濱田さん
株式会社グランドール ベビービョルンジャパン事業部の深井誠さん、濱田宏子さん
そこで、ベビービョルンの日本正規取り扱い店である株式会社グランドール ベビービョルンジャパン事業部の深井誠さん、濱田宏子さんに、ベビービョルン ベビーキャリアの魅力をうかがいました。



>>>ベビービョルンが信頼される理由! 3つの哲学とは?>>>