前編はこちら「子どもと完璧ママを襲うリタリン依存【前】」

学校や家庭の中でリタリン濫用

米国の保健室にはADHD児用リタリンが常備され、校長までが濫用する例も(画像はイメージです)
向精神薬リタリンは、実は1970年代にはそのヘロイン並みの高依存性を指摘されており、スウェーデンではそれに先んじて1968年に発売を禁止されていました。しかし、米国ではリタリンはADHDの特効薬として普及。1995年、国連機関であるThe International Narcotics Control Board(INCB)は米国の6歳から14歳の全ての少年のうち、10~12%がADHDありと診断され、メチルフェニデート(リタリンの主成分)を処方されていると報告しています。

安易にADHDと判断され、必要もないのにリタリン投与を受けた少年たちは、「リタリンを飲むとハイになれる」ということを認識し始めます。学校へ向かうスクールバスの中で「オレ、リタリン持ってるよ」と、密かに処方ビンからリタリンを取り出し、一錠いくらで売りさばく少年たちが登場するまで、時間はかかりませんでした。

学校の保健室には、ADHD児用にリタリンが常備されています。リタリンを飲むとハイになり、3晩寝ずに仕事ができる。活動的になって(興奮しているだけなのですが)仕事がはかどるなどの効果を知った大人たちもまた、保健室で盗みを始めます。学校業務の負荷に耐えかねている教師が人目を盗んで保健室のリタリンを服用したり、保健婦や校長までがそれを濫用したりしている例が報告されました。

ADHD児(あるいはただ少しやんちゃ過ぎるだけの子ども)を持つ母親たちもまた、そのハイの効用の恩恵に浴すようになりました。育児・家事・仕事の過大な負荷に悩む母親たちが子どもに処方されたリタリンを失敬し、すべてを一人でこなす常人離れした「スーパーマザー」となり日々を乗り切る姿は、雑誌やTVドラマでも皮肉交じりに取り上げられました。

このようにしてリタリンを処方された少年たちだけでなく、パワフルに働きまわる弁護士などのプロフェッショナルやビジネスマン、家庭の主婦、学校教師、そして「寝ずにオンラインでつながっていたい」ゲーマーたちの間で、本来の使用法とはかけ離れた形で爆発的に広まったリタリン。1990年から1999年の10年間で、世界でのリタリン生産量は700%増加、そしてその90%が米国で消費されていったのです。

>>>リタリン普及の裏/銃乱射事件とリタリンの関係>>>