なんか最近いいことあった?幸せオーラは周りの人も幸せにします

なんか最近いいことあった?幸せオーラは周りの人も幸せにします

キラキラ小物が大好きなK子さん、最近ますます楽しそう。何かいいことがあったみたい。

「お財布に『呼び銭』を入れるといいと聞いたので、さっそくやってみたら、思わぬ臨時収入があったんです!」

と嬉しそうに語るK子さん。なんだか興味がわきますが、その「呼び銭」っていったい何なのでしょう?

お金がお金を呼ぶ「呼び銭」

自転車に乗るとき、最初はペダルを踏むのに力を強く入れますが、一度車輪が回りだせば、あまり力を入れなくても前に進んでいきます。何ごとも、最初はちょっと力が必要で大変ですが、軌道に乗ればスムーズに動いていくものです。お金を呼び込むのも、貯めるのもこれと同じ。最初の一歩が踏み出せれば、お金の流れもよくなります。

そこで、最初のきっかけ作りとしてお財布に「呼び銭」を入れるとよいといわれています。「呼び銭」なんて聞き慣れないかもしれませんが、「呼び水」なら聞いたことがありますよね。井戸から水をくみ出すとき、そのままポンプを上下してもスカスカッと空振りしたようになって水がでてきません。そこで、ポンプに外側から水を入れてあげるとじゃぶじゃぶと水が出てくるのだそうです。そこから、「呼び水」とは「本来の水を誘い込むための水」「物事が始まるきっかけとなる事柄」という意味になったそう。お水を呼び寄せるきっかけが「呼び水」ならば、お金を呼びよせるのは「呼び銭」というわけです。

風水などでも古くから「呼び銭」として中国の古い小銭を持つとよい、と言われているそう。万物は「木火土金水」という五つの要素により成り立つという五行思想の中で、小銭は「金」に属し、財運をアップさせると言われているそうです。

小銭に限らず、純金コインやこれから経済が伸びそうな外国のお金、臨時で手に入ったお金など、いろんな説があります。行きたい国のお金とか、自分の生まれた年に発行されたコインとか、お金じゃなくても自分にとってのラッキーアイテムなどでもいいと思います。自分が一番ワクワクするもの、安心できるものを持っているのが一番効果的だと思うからです。ただし、この呼び銭は「使わないで財布にずっと入れておくもの」であることを忘れずに!

そして、財布に呼び銭入れたら、通帳にも何か一工夫したいですね!次のページで、「未来と今のHappyを叶える通帳」についてご紹介します。